ブレインパッドのBtoC用MA「Probance」がDACのメッセージング管理「DialogOne」と連携

「LINE」を活用した新規顧客獲得が容易に、未会員の見込み顧客へのアプローチ範囲拡大
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業のブレインパッドは、同社のBtoC(消費者向けビジネス)用MA(マーケティングオートメーション)「Probance(プロバンス)」が、デジタル広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が展開するメッセージング管理ソリューション「DialogOne(ダイアログワン)」と連携を始めた、と7月26日発表した。「LINE」を活用した新規顧客獲得が容易になる。

Probanceは顧客コミュニケーションで「誰に」「いつ」「何を」「どのように」をセットにしてキャンペーンとして管理し、各要素を顧客ごとにパーソナライズしたメッセージでLTV(顧客生涯価値)を最大にする。DialogOneは「LINEビジネスコネクト」「Facebook Messenger」を活用。広告主が持つ顧客情報とLINEなどのアカウント情報を組み合わせ、各ユーザーに最適なメッセージが配信できる。

連携で会員登録済みの顧客への限定的なコミュニケーションだけでなく、LINE公式アカウントから未会員の見込み顧客へのアプローチ範囲が拡大する。加えて、Probanceが誰に、いつ、何を送るかを判別し、その内容に沿ってDialogOneを通じてメッセージを出し分ける。行動やアンケートの回答状況に合わせたメッセージ配信が可能になる。大手メーカーが既に連携ソリューションを導入した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]