プレイドのウェブ接客プラットフォーム「KARTE」がLINE「Official Web App」に対応

ウェブサービスと「LINE」を連携、「LINE@」「LINE Beacon」活用でメッセージ配信

ウェブ接客サービスのプレイドは、自社のウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」がLINEの「Official Web App」に対応した、と2月14日発表した。Official Web Appは、企業が自社のウェブサービスと無料通話・メッセージツール「LINE」のアカウントを連携させ、LINEアカウントから集客・行動誘導・リピート促進までLINEのアプリ上で完結する仕組みを指す。対応によって多数に情報発信できるアプリ「LINE@」を通じた顧客とのコミュニケーションがKARTEで可能になり、顧客との関係をスムーズに構築する。

KARTE上でLINEアカウントでのやり取りが全て可能で、一斉配信のほか個別配信や特徴で絞り込んだグループ配信もできる。LINEが始めた近距離通信の「LINE Beacon」端末を活用すると、実店舗とウェブサイトをつなぐ接客を実現する。実店舗を訪れた顧客へのLINEでのリアルタイムのメッセージ配信や、ウェブサイト再訪時に実店舗で閲覧した商品のレコメンドがKARTEからできる。KARTEは、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むことで来訪者の特徴や行動を解析・可視化し、それぞれに合ったメッセージが配信できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]