2018年アプリ収益ランキング上位52社、1位は前年に続きTencent。日本は15社ランクイン【App Annie調べ】

Google PlayとApp Storeの合計収益上位のパブリッシャーを、App Annieが発表した。
よろしければこちらもご覧ください

App Annie(アップアニー )は、2018年のアプリパブリッシャートップ52を発表した。トランプカードになぞらえて、通年でのアプリ収益による世界トップ企業52社を、同社が表彰するもので、2011年より調査を実施している。今回はトップ52と併せて、2018年日本国内のダウンロード数、収益、月間アクティブユーザー数ランキング、注目カテゴリのアプリランキングも発表された。

世界収益ランキング、1位は昨年と同じく中国Tencent

1位はTencent(中国)で、3年連続のトップ。NetEase(中国)も2位となり、中国勢がワンツーフィニッシュを飾った。3位はActivision Blizzard(米国)が前年4位よりランクアップ。日本からはBANDAI NAMCO(バンダイナムコ)が一気に3ランク上げて4位になり、初のトップ5入りを果たした。

トップ10に大きな変化はなく、全体的にアジア太平洋(APAC)地域のパブリッシャーが強い傾向も続いている。52位までを見ると、Epic Games(米国)、Alibaba(中国)、Roblox(米国)、Zilong(中国)、Pearl Abyss(韓国)、DoubleU(韓国)、OneSmile(中国)の7社が新たにランクインした。

 

日本では「ドラゴンボールZドッカンバトル」のバンダイナムコが1位

日本のパブリッシャーは、トップ10内に4社がランクイン。52位全体では15社がランクインしている。国内1位・世界ランク4位のBANDAI NAMCOは、「Dragon Ball Z Dokkan Battle」の国際的な人気で収益を伸ばした。「Fate Grand Order」がヒットしているSonyも、国内2位・世界ランク6位と好調だった。

 

国内の各分野別・注目カテゴリ別のアプリランキングも発表

今回はトップ52と併せて、2018年日本国内のダウンロード数、収益、月間アクティブユーザー数ランキング、注目カテゴリのアプリランキングも発表された。ダウンロード数1位は「TikTok」、収益額1位は「LINE」、月間アクティブユーザー数1位は「LINE」だった。

 
 
 

そのほかには注目カテゴリとして、ライフスタイル、エンタメ、ヘルス&フィットネスが採り上げられており、ライフスタイル(ダウンロード数)1位に「Seven-Eleven App」、エンタメ(収益額)1位に「Showroom」、ヘルス&フィットネス(月間アクティブユーザー数)1位に「Lunaluna」があがっている。

 
 
 

調査概要

  • 【調査対象】アプリ公式ストアである「App Store(iOS)」と「Google Play(Android)」
    トップ52:両ストアを合計した消費支出で上位に入ったパブリッシャー。
    収益ランキング:App StoreとGoogle Playでのダウンロード課金とアプリ内購入。
  • 【調査方法】アプリのダウンロード数や収益、アクティブユーザー数から算出。
    ※アプリ内広告やアプリストア外のサブスクリプションによる収益は含まれない。
  • 【調査時期】2018年1月1日~2018年12月31日
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]