テレワーク中の“サボり”、実際のところ何をしている?【テレリモ総研調べ】

「サボりやすい」と思っている人は、男女ともに8割前後。

LASSIC(ラシック)が運営する「テレリモ総研」は、「テレワーク中のサボリ行為」に関する調査結果を発表した。20歳~65歳のワーキングパーソン男女(テレワーク経験者)1,066人が回答している。

男性・女性でサボリ方にも大きな傾向差

まず「テレワークはオフィスワークと比べてサボりやすい/サボりにくいですか?」と聞くと、男性79.7%、女性84.4%が「サボりやすい」と回答した。自分だけで監視の目がないため、ちょっとした息抜きのはずが長時間経っていたケース、さらには意図的に業務外のことを行っていたケースがありそうだ。

そこで「サボりやすい」と回答した人たちに、「サボっている最中の具体的な行動」を聞くと、1位は「ネットサーフィン」が男女とも5割前後で最も多かった。

一方2位以下は男女で差があり、男性は「寝る」28.0%が、女性は「家事」42.9%が2位だった。3位も男性は「ゲーム」23.0%、女性は「寝る」23.5%と、生活環境の差がうかがえる結果となっている。

調査概要

  • 【調査対象】20歳~65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2022年9月30日~10月1日
  • 【有効回答数】1,066人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]