高校生・大学生の8割以上が「手に職をつけたい」と回答。企業選びでは「給与の高さ」よりも○○を重視【フォワード98調べ】

高校生・大学4年生の38.7%が「将来の夢が決まっており、実現に向けて動いている」。

『クロスプロ98』を展開する壁紙施工会社のフォワード98は、「高校生・大学生の就職」に関する意識調査を実施した。高校生・大学4年生合わせて1,012人が回答している。

就職先を選ぶ上でのポイントは「給与・賞与」よりも「働きやすさ」

就職することに対してのイメージ

まず、就職することに対してのイメージを聞くと、ポジティブな印象では「経済的に安定する(72.4%)」が最も多く、ついで「自分のやりたいことが実現できる(44.8%)」となった。

一方でネガティブな印象としては、「職場でストレスを感じる(60.3%)」「長時間労働をしなくてはいけない(50.8%)」が上位となり、労働環境に不安を感じている人が多いことがわかった。

就職先を選ぶ上で重視するポイント/ “こんな職場は嫌だ”と思うポイント

就職先を選ぶ上で重視するポイントとしては、「働きやすさ」が43.4%と最多で、「給与や賞与の高さ」は33.9%、「仕事内容」は31.2%となった。

一方で、こんな職場は嫌だと思うポイントとしては、「結果に対して評価してくれない(50.1%)」「やりがいを感じられない(46.7%)」が上位となった。

8割以上の高校生・大学生が「手に職を付けることにメリットがある」

将来の夢ややりたいことが決まっている?/実際にその方向に向けて着実に進めている?

続いて、現時点で夢ややりたいことが明確になっているかどうかを聞くと、38.7%の人が「将来の夢ややりたいことが決まっていて、実現に向けて動いている」と回答。「悩んでいる」は18.2%、「まだ漠然としている」は21.1%、「特に決まっていない」は22.0%となった。また、「決まっていない」と回答した人以外に対し、「実際にその方向に向けて着実に進めていると思うか」を聞くと、合計で74.8%の人が「そう思う」と答えた。

手に職を付けることにはメリットがある? その理由は?

「手に職を付けることにはメリットがあると思うか」という質問では、合計で86.7%の人が「メリットがある」と回答。理由としては「職を失うリスクが少ない(50.7%)」が最も多く、ついで「技術や知識を活かせる(47.3%)」と続いた。

調査概要

  • 【調査期間】2024年4月16日(火)~2024年4月18日(木)
  • 【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供するPRIZMAによるインターネット調査
  • 【調査人数】1,012人(高校生:508人/大学4年生:504人)      
  • 【調査対象】調査回答時に高校生、大学4年生であると回答したモニター
  • 【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]