SEO担当者の約9割が「改善の必要性」を実感、重視している要素は?【リンクアンドパートナーズ調べ】

約6割が、SEO対策を専門会社に外注。

リンクアンドパートナーズは、「SEO対策の課題」に関する調査結果を発表した。企業でSEO対策に携わっている507人が回答している。

SEO対策代行サービス費用、「月額30万円~50万円未満」が主流

「SEO対策において改善したい点はありますか」と聞くと、「ややある」という回答が多く、約9割が改善の必要性を感じていた。

SEO対策について「すべて内製化」「すべて外注」「一部内製化」のそれぞれの立場で見ると、「多数ある」の回答は「すべて内製化」層で49.8%、「ややある」の回答は「一部内製化」で74.7%と特に多い。なお「すべて外注」層は「あまりない」が突出している。

「SEO対策で重視している要素(複数回答可)」を聞くと、「コンテンツの質」48.5%が最多で、「キーワード選定」42.4%、「デバイス別で正しく表示される」28.6%がそれに続く。

同時に「信頼性と独自性のあるコンテンツは、SEO対策において有効だと思いますか?」と聞くと、「とても有効だと思う」30.4%、「どちらかといえば有効だと思う」56.2%と、多くがコンテンツの質を重視していることが裏付けられた。

SEOの外注については、「専門家のアドバイスを受けつつ、社内でSEO対策を進めている」51.5%、「すべてのSEO対策を自社内で完結させている」41.6%、「SEO対策を専門の代行サービスに全面的に委ねている」6.9%と分かれた。

またSEO対策代行サービスにかける費用は、「月額30万円~50万円未満」が最多の42.9%を占めた。

調査概要

  • 【調査対象】企業でSEO対策に携わっているビジネスパーソン
  • 【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「PRIZMA」によるインターネット調査(モニター提供元:ゼネラルリサーチ)
  • 【調査時期】2024年2月7日~8日
  • 【有効回答数】507人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]