トランスコスモスがリターゲティング広告最適化AIを利用した広告運用サービス開始

「DataRobot」活用、顧客の行動パターンからコンバージョンしやすいパターン学習
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシング事業のトランスコスモスは、リターゲティング広告最適化AI(人工知能)を利用した広告運用サービスを3月に始める、と3月1日発表した。AI開発を行う米国DataRobotの機械学習自動化AI「DataRobot」を活用し、企業ウェブサイト内の顧客の行動パターンからコンバージョン(CV)=最終成果=しやすいパターンを学習する。

独自のDMP(データマネジメントプラットフォーム)「transcosmos decode(トランスコスモスデコード)=DECode」と、AIのDataRobotを組み合わせたデータドリブン(データ分析に基づく意志決定手法)コミュニケーションサービスの1つ。サイトのアクセスログやCRM(顧客関係管理)データをDECodeで統合し、DataRobotで予測モデルを構築する。

 

未知の顧客に対して自動的にCV予測確率を付与することで、迅速で精度の高いセグメント配信を実現。企業は自社サイトにDECodeタグを入れるだけですむ。試験導入プロジェクトでは、構築した予測モデルでセグメント配信した結果、従来の広告運用と比べてROI(投資収益率)が130%以上改善した。2019年度に20社以上への導入を目標にする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]