電通デジタルが、AIのコンバージョン率予測・コンテンツ出し分けソリューションを提供

「DataRobot」と「KARTE」連携、マーケティング担当者の運用負荷を削減しながらCX向上

電通子会社でデジタルマーケティング事業の電通デジタルは、AI(人工知能)による高精度なコンバージョン(最終成果)率の予測と最適なコンテンツの出し分けを実現するソリューションを開発し、11月19日に提供を始めた、と同日発表した。マーケティング担当者の運用負荷を削減しながら、顧客体験(CX)の向上が期待できる。

このソリューションは、企業向け機械学習プラットフォーム事業を行うDataRobot Japanの同プラットフォーム「DataRobot」と、CXプラットフォーム開発のプレイドが展開する同プラットフォーム「KARTE(カルテ)」を連携。同社の統合データプラットフォーム「KARTE Datahub」に蓄積された顧客の行動・属性データを使う。

個人を特定しない形で電通デジタル独自の自動データ加工処理を行い、DataRobotに連携。DataRobotが各顧客のコンバージョン率を予測し、そのデータをKARTE Datahub経由でKARTEに連携することで、予測コンバージョン率を基に各顧客へのコンテンツの出し分けを可能にする。各種コミュニケーションチャネルが活用できる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]