電通デジタルが最適な顧客セグメント抽出・シナリオ実行の自動化ソリューション提供

アドビの「Adobe Experience Cloud」とマイクロソフトの「Microsoft Azure」を連携

電通子会社でデジタルマーケティング事業の電通デジタルは、AI(人工知能)を利用した最適な顧客セグメントの抽出と最適なシナリオの予測・実行を自動化するソリューションを開発し、7月23日に提供を始めた、と同日発表した。精緻な顧客データ分析による最適シナリオの実行が自動化できる。

このソリューションは、アドビシステムズのデジタルエクスペリエンス(体験)ソリューション「Adobe Experience Cloud」と、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を連携させた。

 

アドビの分析ソリューション「Adobe Analytics」に蓄積された顧客の行動情報をAzureに連携して行動・属性情報を統合。類似する行動・属性情報を持つ顧客をAzureのAI機能が類型化して最適な顧客セグメントに分け、各セグメントの購入に至る代表的な行動を抽出する。

そのうえで、アドビのパーソナライズソリューション「Adobe Target Premium」のAIと機械学習の技術「Adobe Sensei」を活用した自動パーソナライズ機能に連携。最も購入につながりやすいシナリオを予測・実行する。分析・実行の状況は可視化し、マイクロソフトのビジネス分析ソリューション「Power BI」との連携で一元管理可能にする。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]