国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

【SEOクイズ】グーグル検索の視覚要素22種類、あなたはすべて説明できる?【SEO情報まとめ】

どんどんリッチになっているグーグルの検索結果における視覚要素(さまざまな表示内容)の名称と役割を説明できるだろうか? その場で答がわかるクイズ形式であなたのSEO知識に挑戦!

ページ

あなたのSEO知識に挑戦! どんどんリッチになっているグーグルの検索結果における視覚要素(さまざまな表示内容)の名称と役割を、あなたは正しく説明できるだろうか?

その場で答がわかるクイズ形式なので、我こそはという人は挑戦してみてほしい。

それ以外にも、「E-A-T → E-E-A-T」、「グーグル公式SEOマンガ」「指名検索とSEOとビジネス成果」「ヒートマップでユーザーの脳内理解」などなど、今年もあなたのSEO知識を膨らませる情報をお届けしていく。

  • 品質評価ガイドライン内のE-A-TがE-E-A-Tに――Experience(経験)を追加
  • SEOの重鎮が選んだ2022年の検索エンジンの重要な変化TOP 5
  • マンガにすれば難しくない! 検索の仕組みを解説するマンガをグーグルが公開
  • グーグル、リンクスパムをAIの力で撲滅
  • 検索システムの稼働状況を確認できるダッシュボードをグーグルが公開
  • 指名検索の増加とランキング上昇は相関関係? 因果関係?
  • ヒートマップ活用で2000万超えのPVを達成したケーススタディ
  • 2022年最後のオフィスアワー: AMPページ削除のベストプラクティス、多量のページが検索結果から消滅、動画コンテンツのインデックス処理の差など
  • スマホ世代のZ世代の検索スキルは実は低かった!?
  • Google、連続スクロールをPC検索にも導入。6ページ分の検索結果を自動表示
  • YouTubeでSearch in video機能が試験公開、特定の言葉が動画内で話されている場面を見つける
筆者よりセミナーのご案内

新春SEOセミナーを開催します! 昨年参加したbrightonSEOカンファレンスのセッションで得た情報をもとに、今注目の3つのトピックについて語ります:

  • AIコンテンツとSEOの関係性と今後
  • SEO=検索結果1位表示ではなくなる? 最新のSEOアプローチ
  • 動画SNSの投稿のコツと今後

2022年に顧客向けに開催して非常に高評価だった内容を、一般向けバージョンとして開催します。セミナー詳細と申し込みはこちらからどうぞ:

  • セミナー名: 【新春SEOセミナー】欧州最大のSEOカンファレンスで見てきたSEOの今と将来
  • 日時: 1月12日(木)15:00〜
  • 場所: オンライン
  • 参加費: 無料
  • 主催: 株式会社Faber Company
  • 詳細と申し込み: https://mieru-ca.com/blog/seminar/brightonseo/

今週のピックアップ

【SEOクイズ】グーグル検索の視覚要素22種類、あなたはすべて説明できる?
視覚要素ギャラリーでチェックしてみよう (グーグル 検索セントラル ブログ) 国内情報

クイズだ。Google検索の「視覚要素」各パーツについて、その名称と役割を説明できるだろうか?

主要な3種類の構造やコンポーネントを以下に示すので、回答してみてほしい。下記の画像はクイズになっていて、黒色の「???」をクリック/タップすると回答を表示する(回答を表示した状態でさらにクリックするとグーグルの解説ページへジャンプする)。

AMP表示ではクイズがうまく表示されません、通常表示からご覧ください。
Google 検索結果ページの視覚要素
Google 検索結果ページを示すイラスト。テキスト検索結果、リッチリザルト、画像検索結果、動画検索結果、探索機能という最も一般的なタイプの検索結果がコールアウトで示されています。テキスト検索結果リッチリザルト画像検索結果動画検索結果探索機能
Google 検索のテキスト検索結果の視覚要素
Google 検索のテキスト検索結果のアトリビューションを示すイラスト。アトリビューションの視覚要素(具体的には、ファビコン、サイト名、表示 URL、ドメイン、パンくずリスト)がコールアウトで示されていますファビコンサイト名表示 URLドメインパンくずリスト
Google 検索のテキスト検索結果の視覚要素
Google 検索のテキスト検索結果を示すイラスト。テキスト検索結果の視覚要素と、それらを制御する方法に関する詳細情報へのリンクがコールアウトで示されていますアトリビューションタイトルリンクスニペット署名日サイトリンクサイトリンク グループ

上記クイズは、グーグルが検索セントラルサイトに公開した「視覚要素ギャラリー」の情報をもとに編集部で作成したものだ。

※上記3点の画像は、Google が作成、共有する作品に基づく変更であり、クリエイティブ・コモンズ 4.0 著作権表示情報に記載されている条項に沿って使用しています(オリジナルはこちら)。

もうおわかりかと思うが、「視覚要素」とは、検索結果を構成する次のような要素のことを示す:

  • リッチリザルト
  • サイト名
  • パンくずリスト
  • スニペット
  • サイトリンク

上記クイズでは16個を対象にしたが、元ページでは全部で22個の視覚要素を紹介している。あなたはすべての要素の名称と役割をきちんと理解しているだろうか? チェックしてみよう。

★★★★★
  • すべてのWeb担当者 必見!

グーグル検索SEO情報

品質評価ガイドライン内のE-A-TがE-E-A-Tに――Experience(経験)を追加
経験に基づくコンテンツも重要 (グーグル 検索セントラル ブログ) 国内情報

グーグルが検索品質を高めるために意識しているといわれる「E-A-T」が、さらに要素を加えて「E-E-A-T」になった。

コンテンツやサイトの品質を見定めるために「E-A-T」というコンセプトをグーグルが定義していることは、SEOに取り組んでいるならよくご存知だろう。E-A-Tは、次の頭文字をとった造語だ:

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

E-A-Tは、グーグルが採用している外部のレイター(評価者)が検索品質を評価する際に用いるマニュアル(検索品質評価ガイドラインと呼ばれる)に出現する概念だ。

さて、そのガイドラインの2022年12月15日版では、E-A-Tにもう1つのEが加わり、「E-E-A-T」となった。新しいEは、Experience(経験)を意味する。実際の経験や体験に基づくコンテンツが重要になる場合がある。

経験が重要になるケースを次のような例でグーグルは説明している:

たとえば、確定申告書の正しい記入方法を知りたいときには、会計の専門家が作成したコンテンツを参照したいでしょう。一方で、確定申告ソフトの評価を知りたいのであれば、その種のサービスを体験した人たちが集まるフォーラムの議論など、別の情報を探すのではないでしょうか。

コンテンツ品質におけるExperienceの重要性は新しい基準ではない、以前からそうなのだが、今回ガイドラインに明確に記載された流れだ。実体験や一次情報に基づいたコンテンツが大切であることに変わりはない。

Expertise(専門性)とExperience(経験)が現れているように思える検索結果をツイッターで共有した人がいる。「cbd for anxiety」(不安症のためのCBD)のクエリだ。医療に関するYMYL系クエリなので、高いE-E-A-Tのコンテンツが求められる。

※CBDはカンナビジオールのこと。アサの茎や種子から抽出される成分で、ストレス軽減やリラックス効果があるとされている(正しく処理されていれば大麻に該当しないとされている)。

上記の埋め込みツイートではわかりづらいので、ツイート単体で表示し、さらにツイートに添付している画像を開いてみてほしい。

  • 1位は、CBDの使い方を説明したコンテンツでExpertise(専門性)があると判断できる
    ※ツイート内の1枚目画像で「①」とマーク

  • 3位は、CBDを不安症のためにCBDを摂取した「体験談」、つまりExperience(経験)のコンテンツだ
    ※ツイート内の1枚目画像で「②」とマーク、2枚目画像でもタイトル部分を強調して表示
    ※こちらは本記事の編集時点では5位まで下がっていた

不安症治療を目的としたCBDの使用を検討している人には、どちらも必要な情報だろう。

今後、CBDに関して「Expertise(専門性)」と「Experience(経験)」の両方を取り入れた高品質なコンテンツがでてきたら、いま上位のコンテンツも順位維持が危うくなるのかもしれない。

★★★★★
  • すべてのWeb担当者 必見!

SEOの重鎮が選んだ2022年の検索エンジンの重要な変化TOP 5
あなたのトップ5は何? (web > SEO) 国内情報

2022年に起きた検索エンジンの変化で注目すべきものを5つ挙げてください

こんな質問に対して、あなたなら何を選ぶだろうか?

so.laの辻氏が挙げた5つの変化は次のとおりだ。

  • 検索結果がよりリッチに
  • 検索結果のローカライズが進む
  • Googleのモバイル検索結果 デザイン変更
  • Google Mapsへの動線強化
  • 寄生サイトに暗雲

ウェブに関わる人は全員が認識しておくべき変化だと辻氏は言う。詳細を元記事で確認したうえで、活用できるものは活用し、対応が必要なものは対応しよう。

また、SEOに携わる人であれば、辻氏の次の意見も噛みしめてほしい:

ただそれ以外に、検索エンジンの「社会のインフラとしての信頼性」をより望ましい形にすることもSEOの重要な仕事だと私は考えています。

★★★☆☆
  • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

マンガにすれば難しくない! 検索の仕組みを解説するマンガをグーグルが公開
SEO初級者でもとっつきやすい (グーグル 検索セントラル) 国内情報

検索の仕組みを解説するために、新しいドキュメントを検索セントラルサイトにグーグルは公開した。ドキュメント(文書)と書いたが、正確にはドキュメントではない。なんとマンガだ。

SEO初級者にもとっつきやすいように、わかりやすくそしてコミカルに、検索の仕組みを描いている。

マンガ
マンガ部分は日本語向けだけでの公開だ(少なくとも本記事の編集時点では)

グーグルのあんな氏が言うように、文字主体のドキュメントだと初級者は圧倒されてしまうかもしれない。専門用語が頻発するとなおさらだ。

SEOに取り組み始めたばかりの人が周りにいたら教えてあげよう。もちろん、SEOのベテランであっても知識の再確認の意味で読んでみよう。

★★★★★
  • すべてのWeb担当者 必見!
  • SEOが初めての人に伝えましょう

グーグル、リンクスパムをAIの力で撲滅
SpamBrainがリンクスパムシステムでも活躍 (グーグル 検索セントラル ブログ) 国内情報

年の瀬に差しかかった2022年12月14日(太平洋時間)に、リンクスパム対策アップデートをグーグルは実施した。2021年9月にも、リンクスパム対策システムのアップデートをグーグルは実施しているが、今回のアップデートで特筆すべきはSpamBrain(スパムブレイン)を活用している点だ。

SpamBrainはAIをベースにしているスパム防止システムだ。これまでは、リンクスパムに対してSpamBrainが機能するケースは稀だった。しかしリンクスパムにも機能するようになった。グーグルは次のように説明している。

スパムを直接検出できるだけでなく、リンクを購入するサイトと、アウトバウンド リンクを渡す目的で使用されるサイトの両方を検出できるようになりました。

SpamBrainの力によって、不正なリンクで上位に出ているサイトの撲滅を期待したい。

このコラムの読者には不正にリンクを集めている人はいないと信じている。だが、もし今回のリンクスパムアップデートでランキングに悪い影響が出たとしたら、次に示すことには留意が必要だ(スパム アップデートを説明するドキュメントに追加された段落):

リンクスパム アップデート(リンクスパムへの対処に特化したアップデート)のケースでは、変更を加えても改善につながらない場合があります。これは、スパム行為のあるリンクを Google のシステムが null 化すると、以前に生成されたリンク クレジットが失われるためです。このクレジットが掲載順位の向上に役立っていたとしても、再取得することはできません。

※「null 化」とは無効化のこと。「(リンク)クレジット」とはリンク評価のこと。

不正なリンクで上位表示できていた場合、そのリンクを削除したとしても順位は元に戻らない。なぜなら、上位表示できていたのはそのリンクの評価が間違っていたからだ。

★★★★☆
  • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)
用語集
SEO / SERPs / インデックス / クリエイティブ / クロール / サイトリンク / スニペット / リンク / 検索エンジン

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]