Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

404エラーページの取扱説明書 - SEO的な観点から

あるサイトの事例をみながら、SEOの観点で404ページのURLをどう扱うべきかを解説しよう。
SEO的に404エラーページは絶対あり得ない存在なのか?

エラーコード404で表示するページ、すなわち404エラーページに関しては、まったく異なる見解を持つ派閥がいくつか存在する。SEOマーケターの意見を一部紹介してみよう。

  • 404エラーページは絶対に認めない派
    301リダイレクトを用いて、エラーとなる場合はすべてホームページまたはサイト内にあるカテゴリトップのページに戻し、リンクジュースを最大限確保する(誰かが機能してないURLを使ってリンクを張った場合のため)。

  • 必ず404エラーページを表示する派
    間違ったURLあるいは打ち損じたURLに対しては、すべて404エラーページを表示する。

  • 上記2派閥の中間的な立場
    ある種の404エラー発生時だけ301リダイレクトを使用し、それ以外は404エラーページを表示する。

僕の場合、だいたいは最後のグループだ。アクセシビリティと検索エンジンの都合上、エラーの起きるURLで404エラーページを表示することにより、メリットが生まれることもあると思う。また、サイト上において404エラー発生時に必ず301リダイレクトを用いるのは、直観性からも意味的な観点からも適切ではないと思う。すばらしいオリジナルの404エラーページを作成するのは間違いなく有意義だが(良いサンプルがこちらで参照できる)、打ち間違えだったり、リンク切れだったりするURLに対して、ただトップページを表示するだけでは、ユーザーに対しても検索エンジンに対しても、適切なメッセージを送ることにはならない。

僕の考えとしては、404エラー発生時に以下のような状況ならばリダイレクトし、そうでなければ、404エラーページを表示しても良いだろう。

404エラー発生時にトップページにリダイレクトするべき場合
  • そのページが外部のサイトから重要なリンクを獲得している場合(これを調べるにはGoogle Webmaster Toolsが役に立つ)。

  • そのページが相当量のトラフィックを獲得している場合。

  • さらに/あるいは、ビジターなりそのリンクなりが、本来参照しようとしていたURLが明らかな場合。

だが最近、リンゼイと僕は、コンサルティング業務で難しい判断を迫られた。その顧客のサイトは大量の検索クエリを受け付けており、その多くは、カテゴリおよびサブカテゴリの頭にあたるページを参照している(これらは検索クエリのページというよりランディングページに近く、検索キーワードにも上手く対応しているページだ)。この顧客はまた、コンテンツのない検索結果ページを多数持っている(それらは入力ミス、あるいは意味を成さないミススペルで検索された場合のためだったり、あるいは単に該当する検索語に関してコンテンツが存在しないためのページだ)。そういったページの中には、リンクを獲得したり、ある程度のトラフィックを稼いだりしているページもあり、最近まで基本的に、HTTPレスポンスコード200(正常に処理完了)扱いのエラーページとして存在していた。

では、どうしたらいいのだろうか?

この難問には、いくつかの重大な要素が含まれていた。中身のないページをクロールしてインデックス化することで、検索エンジンが処理能力を無駄遣いすることは、僕らの望むところではない(特にこの顧客のサイトは巨大で、適切なセクションを網羅してもらうために、クロール/インデックス化の処理能力をかなり必要とするため)。さらに、ユーザー体験を悪いものにしたくないし、これらステータスコード200扱いのエラーページは効果的に適切なメッセージ(該当のクエリに対する検索結果がないというメッセージ)を伝えているとはいえ、意味的には実際のところ404エラー扱いにすべきだ。また最後に、当然のことながら、これらページの一部に流れ込んでくる貴重なリンクジュースを少しも無駄にしたくない。

解決策は妥協的なものとなった。僕たちはこれらのページを404エラー扱いにしたが、リンクやかなりのレベルのトラフィックを獲得しているページを追跡調査し、そういうページについては、より優れたユーザー体験を実現しようと試みている(ときにサブカテゴリのページや、検索結果に向けて301リダイレクトすることもあれば、ときには実際に該当ページにコンテンツを追加し、ステータスコード200にふさわしい状態にすることもあるだろう)。この方法によって、すべての側面でうまく行けばと思っている。

404エラーやSEO全般について、あるいは今回の具体的な事例(またはこれに似た状況)について、みんなの意見を聞かせてほしい。SEOマーケターが1000人集まれば、2人の脳みそよりも賢いアイデアが出てくるからね。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]