Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

タイトルとメタ情報タグを検索エンジンがどう扱うかに注意せよ

よろしければこちらもご覧ください
※Web担編注

この記事は古い記事だが、内容が良いため翻訳して掲載した。

次の画面を見てほしい。主要な検索エンジンがNetflixのホームページを検索した結果をどう表示しているか示す明快な例だ。

Netflix in the SERPs

際立った違いが見える。Ask.comとGoogleはNetflixのtitleタグとmetaタグの情報をそのまま使っているのに対して、Yahoo!とMSNはそれぞれYahoo!ディレクトリとDMOZからデータを取り出してきている。NetflixはNOODPタグを使うだけで、MSNでのクリック率を20%上げられるんじゃないか。50ドル賭けてもいい。

今のところ、Yahoo!ディレクトリ掲載を辞退する方法はない。僕らはあるクライアントと2年近く前からこのことに取り組んでいるが、料金を支払っていないときでさえリストから除外されない! Yahoo!の誰かにこの問題を修正してもらいたい。

検索エンジンが検索結果ページのクリック率などの評価指標を導入するにしたがい、あなたのページは目を引かないだけでは済まず、ページランクから滑り落ちてしまうかもしれない。そこでお勧めしたい対策がこれだ:年間の参照語句20位から100位までを調べて、主な検索エンジンで1つずつ検索してみよう。あなたがどこにランクされているかだけでなく、あなたの書いた「広告」(広告のコピーじゃなくても、要するにmetaタグの説明属性の内容)の出来を見直そう。クリック課金広告として掲載するリンクの文言をつねに改良し、洗練していくのと同じように、アルゴリズム検索結果ページにも同じロジックを適用すべきだ。きっと、結果は劇的に改善されるだろう。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]