コメント投稿

1万円で真似できる“戦略的サイト運用術” - 小さく作って速く改善

サイトの「目的と構成」を、まず図解する 第1回

小さく安価に実現でき、かつ大きく育った後も無駄にならないようなプロセスを再定義・実践する

ページ

よろしければこちらもご覧ください

ECサイト向けコンセプトダイアグラムの例

もう一つ、地ビール販売におけるWebサイトの位置づけを整理したコンセプトダイアグラムを紹介しておこう。

【図5】顧客視点のコンセプトダイアグラム
【図5】顧客視点のコンセプトダイアグラム

この購買モデルに基づいて、サイトの機能とコンテンツをマッピングした。

【図5】顧客視点のコンセプトダイアグラム
【図6】ユーザー行動とサイトの機能・コンテンツをマッピング

認知の経路別に、知ってから飲むまでの段階を濃淡で表してみた。単価が比較的低い食品の場合、リピートしてもらうことが重要になるという点も強調した。

サイトが持つべき機能・コンテンツの対象と目的を顧客視点で洗い出し、整理・確認することができた。この後はページごとのサイトマップにスムーズに落とし込んでいくことができるだろう。

まとめ

このように、図解することによって、自分の理解を整理しつつ、分かりやすく伝えることができるようになる。デザインにこだわる必要はなく、手書きでも十分だ。また、作った後に随時更新していくことで、精度を高めていくのでも良い。ぜひ挑戦してみてほしい。

今回の想定真似コスト 0円、3~5時間

ページ

90120291
よろしければこちらもご覧ください
90120291
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル