コメント投稿

お詫びなどととんでもない、私などより初マンガ原作の宮脇先生の方が企画原案段階から最終回までご苦労多かったことと思います。

ジョーとの一戦に挑む力石のごとく回を追うごとにスリムに、ビジュアル化しやすくなる、月イチ連載向きに変化してゆく原作を読みながら「きっといろいろ割愛されているんだろうなぁ」と思いつつ、適応力に感心していました。

マンガ原作者も有名無名いろいろな方がいて、原作も小説形式~ネーム形式~箇条書き~口述~単なる名義貸しでなんにもなしetcといろいろです。

原作を目にしたことがそう多くない私でも同業他者から聞いたり、アシスタント修行していた先で実際に見たケースなどで、「さすが!」というものから「これで描くの!?」というものまで。

宮脇先生の原作は、5W1Hがはっきりした情景がイメージしやすい部類で、原作モノ初体験の私としては良い筆おろし・・・もといペンおろしさせていただきました。
良い原作をほんとうにありがとうございました~~。

マンガ業界の原作にまつわるいろんな話はまた何かの席でご一緒した時にでも!

<追記>
携帯マンガの方、チェックしていただいたみたいで恐縮です(汗)
このジャンルでの修行が女性キャラの描写に活かせたのかもしれませんねw

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]