Web担当者・三ノ宮純二

マンガ「Web担当者 三ノ宮純二」- 第11話:そして誰もいなくなった

萌絵への想いを振り切るために、過激な数字至上主義に走る三ノ宮に落とし穴が待っていた
原作:宮脇 睦、作画:牧岡ちかひで 2009/9/30 9:00 | 印刷用

ページ

よろしければこちらもご覧ください
Web担当者三ノ宮純二

前回までのあらすじ前回を見る

自分の部署のWebの売上がゼロになった経験をきっかけに、数字の重要さを痛感した三ノ宮。社内や取引先に対して厳しい数的ノルマを課すようになったが、非情な数字至上主義に対しては社内から「鈴木2号」という声も聞こえ始めてきていた。

ここから始まります
鈴木部長「大変結構だこの調子で数字をクリアし続けてくれよ」
「でないと……」
三ノ宮純二「分かっていますサイトの閉鎖なんてことにならないように目標数字は達成します」
萌絵「樹莉亜ちゃん!!」
三ノ宮純二「どうした?!」
樹莉亜「たいした事ないっスよ」
三ノ宮純二「でも ひどい顔色だよ」

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]