コメント投稿

metaタグ

よろしければこちらもご覧ください

HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エンコーディングを指定したり、キーワードや説明文などを記述したりする。

これらの情報は、Webブラウザが表示する際の言語や文字コードを判別するために使われるが、ブラウザの画面には基本的に表示されない。また、検索エンジンのロボットもmetaタグの情報を収集し、順位決定の参考としたり検索結果に反映したりするために利用する。

例:

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />

<meta name="keywords" content="Web担当者フォーラム,ウェブ担当者Forum,ウェブ担当者フォーラム" />

<meta name="description" content="インプレスビジネスメディアが運営する、企業ホームページ運営とマーケティングに関する情報&ニュースサイト。" />

100
100
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

顧客生涯価値
企業と顧客が継続的に取引をすることによって、顧客が企業にもたらす価値(利益)を指 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス