コメント投稿

XMLサイトマップ

よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XMLサイトマップを提供すると、検索エンジンのクローラがページをクロールしやすくなる。

「サイトマップ」という名称だが、人間の訪問者向けにサイトの全容を示す一般的な「サイトマップ」とは異なるもののこと。

XMLサイトマップはsitemap.orgで仕様が定められている。サイトの所有者は、

  • 仕様に則った形式でXMLサイトマップを作成して検索エンジンのクローラがアクセスできる場所に公開する(通常はXMLファイルだが、RSSフィードやテキストファイルの形式もある)。
  • 各検索エンジンが提供するサイト管理者向けのサポートツール(GoogleウェブマスターツールYahoo!サイトエクスプローラ)で登録するか、robots.txtに「Sitemap: http://www.example.com/sitemap.xml」のように記述して、XMLサイトマップの場所を検索エンジンに伝える。

XMLサイトマップの制限として、次のようなものがある。

  • 1ファイルに含められるULの数は5万件まで
  • 1ファイルのファイルサイズは10Mバイト以下

上記の制限を超える場合は複数のXMLサイトマップに分割したうえで、「サイトマップインデックスファイル」と呼ばれる形式のファイルを作って、各サイトマップの場所をインデックスファイルで指定する。

012
012
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ヒット
Webサーバーにリクエストされたアクセスの数。HTMLファイルへのアクセスのほか ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル