コメント投稿

正しいSEO相談室

ドメイン名に検索キーワードが入っているとSEOに効果大というのは本当?

よろしければこちらもご覧ください
あなたの不安をプロが解消 正しいSEO相談室 SEM総合研究所分室

誰もが実践できるSEO。でも意外と間違った認識を持っている人も多いのでは?
そこでみなさんが抱えているSEOの不安や疑問をプロが解消します。

ドメイン名に検索キーワードが入っているとSEOに有効ですか?

ドメイン名に限らず、URLの文字列はページやサイト内のキーワードとの関連性を判断する材料の1つとして用いられていますので、SEOに関係する要素です。ただし、「効果の度合い」はあり/なしで答えれば「ある」という程度のもので、ドメイン名単独の要素で評価されるというよりも、本文中に出現するキーワードやページタイトルとの一致など、他の要素と絡められることで評価されるものです。

ですから、SEOの観点から言えばキーワードと一致したものを用いることに損はないのですが、あくまで「良いことの積み重ね」の1つでしかありませんので、SEOのベストプラクティスの1つとして捉えておきましょう。ドメイン名を決める場合には、SEOだけを考えて決めるのではなく、ブランディングなども含めて総合的に判断するのがいいでしょう。

※記事の内容は、執筆時点のものです。検索エンジンの仕様は頻繁に変わるため、将来においてもこの内容がそのまま該当することは保証できません。

あなたの疑問・質問を募集 SEO相談室で相談したいこと、取り扱って欲しい内容があれば件名に「SEO相談室」相談係と書いてメールにてお送りください(宛先:web-tan@impressrd.jp)。

※本連載の質問受付は終了いたしました。今後の企画をご期待ください。

0118
よろしければこちらもご覧ください
0118
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル