正しいSEO相談室

Googleのエイジングフィルタを見越したSEO戦略のポイントとは?

よろしければこちらもご覧ください
あなたの不安をプロが解消 正しいSEO相談室 SEM総合研究所分室

誰もが実践できるSEO。でも意外と間違った認識を持っている人も多いのでは?
そこでみなさんが抱えているSEOの不安や疑問をプロが解消します。

新規ドメイン名でサイトを開設すると、Googleではエイジングフィルタにより上位に表示されにくいとのことですが、回避する方法はありますか?

「エイジングフィルタ」とは、Googleにおける現象の1つで、サイトのドメイン名の存在がGoogleのクローラ(検索ロボット)に初めて認識されてから最初の2~6か月程度は、たとえ適切な検索エンジンへの最適化施策を実施しても、関連検索ワードで検索上位に表示されにくい現象を指します。2004年春以降に確認されているものです。あくまでも検索アルゴリズムによるサイトの重要性や信頼性の評価のための仕組みであり、一定期間は上位に表示されにくくなりますが、スパムと判定されているわけではありません。

詳しくは過去にも触れています。「新しいドメイン名はSEOに不利という話は本当ですか?」

この現象ですが、すべての(新規開設したばかりの)ドメインにおいて確認される現象ではありません。しかし一方で、この現象を確実に回避するための方法論も判明していません。ほとんど同じ条件下でサイトを開設しても、エイジングフィルタの現象が出る場合と出ない場合もあります。

回避方法がわからない以上、明確な対策方法がないのが現状です。よって、検索マーケティング戦略を設計する際には、「最初の6か月は自然検索でのGoogle経由のトラフィックは難しい」という前提に基づくことが、事業計画として合理的といえます。キャンペーンサイトなど、開設直後に適切なキーワードで検索結果に上位表示させたい場合は、キャンペーン開始前にプレサイトをオープンしておいてGoogleのクローラにサイトを認識させておくなど、通常のSEO施策に加えて、エイジングフィルタの影響も考慮した長期的な計画を練ったり、同時に検索連動型広告を打ったりするなどの戦略が必要になるでしょう。

※記事の内容は、執筆時点のものです。検索エンジンの仕様は頻繁に変わるため、将来においてもこの内容がそのまま該当することは保証できません。

あなたの疑問・質問を募集 SEO相談室で相談したいこと、取り扱って欲しい内容があれば件名に「SEO相談室」相談係と書いてメールにてお送りください(宛先:web-tan@impressrd.jp)。

※本連載の質問受付は終了いたしました。今後の企画をご期待ください。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]