正しいSEO相談室

日本国内のSEOノウハウは海外で通用する? 海外向けSEOとの違いとは

あなたの不安をプロが解消 正しいSEO相談室 SEM総合研究所分室

誰もが実践できるSEO。でも意外と間違った認識を持っている人も多いのでは?
そこでみなさんが抱えているSEOの不安や疑問をプロが解消します。

日本向けと海外向けでSEOに違いはありますか?

使用する言語も、人気の検索エンジンも、検索行動も異なります。そのため、検索マーケティングは各国の消費者の検索行動をよく理解して、それに適応した戦略を考えなければ成果を生み出しません。ターゲットとする国や地域で検索時に使用されている言語、そしてどの検索エンジンが利用されているかを調査しましょう。

日本の検索エンジン市場はYahoo! JAPANがトップシェアですが、ロシアならYandex、中国なら百度、英国ならGoogleがそれぞれ過半数以上を占めています。また、日本国内ならまったく問題ない手法でも、米国では検索エンジンスパムと判定されることもありますし、逆に日本で通用しない手法がイタリアでは使えたりします。総じてSEOエキスパートの質・量が多い米国の方が日本よりはるかに難易度は高いです。検索エンジンマーケティングの基本的な理論は万国共通ですが、戦略レベルで落とし込みをするときには各国事情に適応させていく必要があります。

グローバルでSEOやリスティング広告を実施する場合、基本的に各国の消費者や検索エンジンに精通した現地のSEO企業にアウトソースすることをおすすめします。

※記事の内容は、執筆時点のものです。検索エンジンの仕様は頻繁に変わるため、将来においてもこの内容がそのまま該当することは保証できません。

あなたの疑問・質問を募集 SEO相談室で相談したいこと、取り扱って欲しい内容があれば件名に「SEO相談室」相談係と書いてメールにてお送りください(宛先:web-tan@impressrd.jp)。

※本連載の質問受付は終了いたしました。今後の企画をご期待ください。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]