アイレップ、ロシアで最大の検索エンジン「Yandex」への広告取扱いを開始

ロシアのほかウクライナ、カザフスタン、ベラルーシなどを含めたロシア語圏が対象
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、企業のロシア語圏におけるデジタルマーケティングを支援するため、ロシア最大の検索エンジン「Yandex(ヤンデックス)」への広告取扱いを開始する、と6月6日発表した。Yandexはウクライナ、カザフスタン、ベラルーシでも事業展開をしているため、ロシア国内だけでなく、広告主はロシア語圏のユーザーにアプローチすることができる。

Yandexが提供する広告サービスは検索連動型の「Yandex.Direct」とWebメールなどにバナーを掲載するコンテンツ連動型の「Banner Ads on Yandex」の2種類。アイレップのグローバル専門コンサルタントが日本語でサポートを行い、企業のロシア語圏での広告展開をサポートするという。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

Yandex
http://www.yandex.ru/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]