コメント投稿

楽天スクリームがAIの行動パターン分析技術活用の運用型広告「RMP - SQREEM Ads」開始

楽天会員に基づく消費行動分析データとオンライン上のオープンデータを分析、効果向上
よろしければこちらもご覧ください

楽天グループ傘下でデジタルマーケティングソリューション開発の楽天スクリームは、AI(人工知能)による行動パターン分析技術を使った運用型の新しい広告商品「RMP - SQREEM Ads」の提供を8月3日に始めた、と同日発表した。楽天会員に基づく消費行動分析データと、オンライン上のオープンデータをAIが分析することで、広告効果を高める。

RMP - SQREEM Adsは、ユーザーの趣向と関連する行動パターンを導き出して配信セグメントを生成し、広告を運用。これによってコンバージョン率(転換率)など広告効果を向上させる。活用データに楽天会員に基づく消費行動分析データを加えるため、AIの行動パターン分析の幅が拡大。高い精度でユーザーインサイト(興味・関心)が分析できる。

楽天スクリームは、2020年2月に当時の楽天(現楽天グループ)と、AIをベースにしたマーケティングソリューション事業のシンガポールSQREEM Technologiesが設立。AIを活用した行動パターン分析を軸にデジタルマーケティングソリューションを展開している。これまでは、オンライン上のオープンデータを使った運用型広告商品を提供してきた。

よろしければこちらもご覧ください
320
320
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]