「楽天市場」に運用型広告を配信するメーカー向け「RMP - Sales Expansion」を開始

自社商品に関連性が高いキーワードの検索結果画面に広告を表示、見込み顧客にアプローチ
よろしければこちらもご覧ください

楽天は、同社が運営するショッピングモール「楽天市場」の商品検索結果画面に運用型広告を配信できるメーカー向け広告プロダクト「RMP - Sales Expansion」の提供を始めた、と9月15日に発表した。関連性が高いキーワードの検索結果に広告を表示するので、見込み顧客に効率的にアプローチすることができる。



メーカーは、楽天市場で販売されている自社商品の広告を、その商品と関連性が高いキーワードの検索結果画面に出稿できる。楽天のマーケティングソリューション「Rakuten Marketing Platform」のダッシュボード機能で国内最大級の楽天市場の集客力と消費行動分析データを活用して広告を運用し、商品の認知獲得や販売促進につなげる。

ECプラットフォームは広告メディアとしても企業に活用されており、オンラインで消費者との接点を増やしたいメーカーの広告出稿金額も伸長した。購入前の段階で商品情報を集めたり、比較・検討したりする消費者に利用されており、関連商品を探す消費者だけでなく自社商品のファンではない層へのアプローチも期待できる。
 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]