楽天と電通がマーケティングソリューションの新会社「楽天データマーケティング」設立

楽天の顧客基盤・ビッグデータと電通のマスメディア・生活者のデータや戦略構築力活用

楽天と電通は、両社が保有するデータを融合して新たなマーケティングソリューションを提供する新会社「楽天データマーケティング」を8月中旬に設立する、と7月26日発表した。同日付で契約を結んだ。10月1日に営業を始める。楽天グループの顧客基盤、ビッグデータと、電通グループが強みにするマスメディア・生活者のデータや戦略構築力を生かし、総合的なデジタルマーケティングソリューションを展開。企業のマーケティング活動の最適化と効果の最大化を支援する。

楽天データマーケティングは資本金1億円で出資比率は楽天が51%、電通が49%となる。楽天と同じ東京都世田谷区玉川に置き、社長には楽天の副社長が就く。楽天のオンラインショッピングモール「楽天市場」で企業向けのブランドタイアップ企画を強化すると同時に、よりパーソナライズした広告商品の開発を通じて企業のプロモーションをサポートする。ブランドの顧客戦略立案の支援や、デジタル分野に限定しない統合メディアプランニングサービスの提供も予定している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索オプション
より目的の検索結果となるように検索条件を絞り込める検索のこと。サイト内検索を提供 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]