楽天が電通・電通デジタルと連携して新たな広告ソリューションの企画・開発を開始

高精度のデジタル広告の配信と広告効果検証を実現、ベータ版の後に年内に本格販売
よろしければこちらもご覧ください

楽天は、電通、電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタルと連携し、新たな広告ソリューションの企画・開発を始める、と2月10日発表した。各社の強みを生かすことで、精度の高いデジタル広告の配信と広告効果検証を目指す。ベータ版を開発して意見を反映させ、2021年内に本格販売を開始する。

楽天の新しい広告ソリューションは、電通の総合広告代理店としてのノウハウ、広告最適化のためのデータ・アルゴリズムや、電通デジタルが保有するデジタルマーケティングの知見を融合させ、楽天グループが蓄積している消費行動分析データを利用する。ベータ版は電通グループが広告主企業に試験的に販売する。

新たな広告ソリューションでは、ユーザーを理解し、ユーザーの関心に沿った企業のマーケティング活動の実現をサポートする。楽天と電通は、ビッグデータを活用したマーケティングソリューション会社、楽天データマーケティングを共同出資で2017年7月に設立するなど、両社で企業のマーケティングを支援している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]