電通デジタルと電通がクリエーティブでCXを実現する組織「CX Creative Studio」設立

両社の計500人規模のクリエーターが集結、新規獲得からCRMまで統括的にCXに対応

電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタルと電通は、クリエーティブでCX(顧客体験)を実現するためのバーチャル組織「CX Creative Studio」を11月15日付で設立した、と同日発表した。両社の計500人規模のクリエーターが集結し、プロジェクトの規模や質に応じてチームを編成する。電通執行役員の佐々木康晴CCO(最高クリエーティブ責任者)がトップに就いた。

「CX Creative Studio」のロゴ

企業のマーケティング活動でDX(デジタル変革)が進展する中、DX成功のカギになるCXの向上を目的にクリエーティブ体制を強化。クリエーティブの力を広告表現から広げ、新規獲得からCRM(顧客関係管理)まで統括的にCXに対応。「Creativity draws a human CX.(クリエーティビティが描き出す。人間らしさに満ちたCXを。)」をテーマに、高次元のCXを連続的に生み出していく。

CX Creative Studioのビジョン

CX Creative Studioは①ブランドストーリーをつくる力②人間を中心とした緻密なUI(ユーザーインターフェース)・UX(ユーザー体験)デザイン③データマーケティングとクリエーティビティの高度な掛け算--の3つの力を発揮。DXの先の「その企業ならでは・ブランドならではのCX」を企業に提供することに加え、情報発信やソリューションの研究開発などでCXの高度化を目指す。

CX Creative Studioが発揮する3つの力
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]