電通デジタルがバーチャルヒューマン活用のAIオウンドメディア実用化へ取り組みを開始

「Owned Human」、顧客とリアルタイムで音声対話ができるバーチャルヒューマンを配置

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、バーチャルヒューマン(仮想の人間)を活用した次世代AI(人工知能)オウンドメディアの実用化に向けた取り組みを始める、と3月14日発表した。実証実験を重ね、顧客とリアルタイムで音声対話ができるバーチャルヒューマンを配した新たなオウンドメディアにする。「Owned Human(オウンドヒューマン)」と名付けた。

電通デジタルが展開するAIによるマーケティング支援サービスブランド「∞AI(ムゲンエーアイ)」の一環で実用化を目指す。バーチャルヒューマンは、人間にそっくりな姿でリアルに動くCGのキャラクター。Owned Humanでは、高度な人間性を備えたバーチャルヒューマンが顧客の問い合わせに迅速・適切に対応する。パーソナライズしたコンテンツの提供も可能になる。

従来のオウンドメディアは企業からの一方通行のコミュニケーションで、顧客が自ら検索して情報を探す。Owned Humanは、バーチャルヒューマンと対話して知りたい情報を入手する双方向性を実現。対話から文脈を読み取って最適な情報を最適なタイミングで届けられる。バーチャルヒューマンの人格やデザインは変更でき、企業のブランディングで重要な役割を果たす。

企業が自ら情報発信するマーケティングツールとしてオウンドメディアが重要になる中、Owned Humanによって強力なツールにするという。実証実験は、協業するクライアント企業とともに、データ環境の構築・機械学習、コミュニケーション設計、モニタリングとチューニングを行う。技術パートナーの日本マイクロソフトとの共同セミナーを4月17日にオンラインで開く。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]