電通デジタルが購買起点のマーケティング支援組織「ADVANCED COMMERCE Lab.」を発足

全社横断の100人規模の組織、デジタルコマース領域で統合的なソリューションを提供
よろしければこちらもご覧ください

電通グループでデジタルマーケティング事業の電通デジタルは、デジタルコマース分野で、全社を横断した購買起点のマーケティング支援組織「ADVANCED COMMERCE Lab.」を立ち上げた、と10月6日発表した。100人規模の組織となり、Eコマース、店頭販促のデジタル化を含むデジタルコマース領域で統合的なソリューションを提供して企業の活動をサポートする。

ADVANCED COMMERCE Lab.には、購買起点のマーケティング施策の企画・実行・検証▽データを活用するソリューション開発・実装▽UI(ユーザーインターフェース)・UX(ユーザーエクスペリエンス)=ユーザー体験=のデザイン▽メディアプランニング▽クリエーティブ開発--の専門部門が集結。クライアント企業のデジタルコマースをさまざまな分野で支える。

クライアント企業の課題に対して(1)大規模ECモールでの販促支援(2)OMO(オンラインとオフラインの併合)型販促支援(3)各種の購買データを活用した広告費用対効果の検証と顧客インサイト分析(4)D2C(直接販売)事業の立ち上げから事業成果創出までの全面サポート(5)先進技術を利用した新たな購買体験の開発--を実施。先進的なソリューションを提供していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]