電通グループ3社がマーケティングDX推進支援サービス「DX診断 for システム」開始

マーケティングシステムに特化した課題の抽出とソリューションの実装・運用を実施
よろしければこちらもご覧ください

電通、システムインテグレーション事業の電通国際情報サービス(ISID)、デジタルマーケティング事業を行う電通デジタルの電通グループ3社は、企業のマーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援するサービス「DX診断 for システム」を始めた、と6月24日発表した。マーケティングシステムに特化した課題の抽出とソリューションの実装・運用を手掛ける。

電通、電通デジタルのマーケティング支援力と、ISIDのシステム構築力を組み合わせる。電通と電通デジタルは(1)顧客体験(2)システム(3)データ・人材(4)組織・業務の4領域で企業のマーケティングDX課題を可視化するサービス「Dentsu Digital Transformation診断」を2020年9月に開始。システム変革へのニーズの高まりを受けてISIDを加え、DX診断 for システムを開発した。

DX診断 for システムは、マーケティング戦略とシステムの両面から課題を明らかにし、統合的で実効性があるソリューションで理想の顧客体験を可能にするマーケティングシステムを提示。システム構築に必要な要素を網羅した6種類の診断結果を基に、プロジェクトの計画や要件定義にスムーズに移行できる。2時間×4セットの短期完結型有償サービスとなる。期間は2カ月程度。

DX診断 for システムのサービス概要
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]