電通デジタルがデジタルサービスの利用活性化を支援する「GROWTH DESIGN-ENGINE」

ボトルネックを組織内外から解消、組織に必要なグロース業務の策定と自走化実現を支援

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、企業のデジタルサービスを持続的に成長させる「グロース業務」で、業務の流れを阻害するボトルネックを解消して自走化まで支援するプログラム「GROWTH DESIGN-ENGINE」の提供を始めた、と6月26日に発表した。UX(ユーザー体験)視点での業務プロセス設計と立ち上げから、プロセスの型化、対応人材の育成による企業の自走化まで組織内外からの支援を一貫して提供する。

「GROWTH DESIGN-ENGINE」の全体像

 

フェーズ1で組織に必要なグロース業務を策定し、フェーズ2でグロース業務を実行できる組織への変革を支援する。業務プロセスの課題や保有するファーストパーティデータを分析して重要指標/KPIを設計し、中長期のロードマップ策定やロイヤルユーザーを定義。短期的なPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルの構築と実行支援、中長期の改善施策の立案や運用課題の抽出・改善、社員へのスキルトランスファー(技術移転)まで行う。

企業はDX(デジタル変革)で着手した顧客向けコアアプリなど新たなデジタルサービスの開発から、利用者数拡大や顧客満足向上などグロース業務への転換が必要だが、適切な業務プロセスが設計されておらず、社内のUX人材の不足で顧客視点を欠いたマーケティング活動やプロダクト改善に陥り成果が伴っていない。電通デジタルはDX推進の伴走支援の豊富な専門性と実績を生かしてグロース業務策定と実行できる組織への変革を支援する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]