ゆめみが博報堂と資本・業務提携、マーケティング活動でのUX開発支援サービスを展開

博報堂が保有するマーケティング戦略立案・実行力とゆめみが持つ開発・運用力を融合
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のゆめみは、博報堂と資本・業務提携する、と6月15日発表した。博報堂が保有する企業のマーケティング戦略立案・実行力と、ゆめみ持つがオムニチャネル(販売ルートの統合)・IoT(モノのインターネット)・スマートフォンアプリ分野の開発・運用力を融合させ、企業のマーケティング活動でのUX(顧客体験)開発支援サービスを展開する。博報堂の生活者データとゆめみの技術開発力を合わせた新たなソリューションも共同提供する。

ゆめみと博報堂は、企業向けのUXとUI(ユーザーインターフェイス)設計・サービス開発・運用領域で協業していくことに合意した。マーケティング活動でスマートフォンやIoT技術を活用したサービス開発によるUXの最適化が求められていることを背景にする。UXの安定提供には、マーケティング戦略に加え、アプリの設計・開発・運用力、基幹システムやデータ分析基盤との連携、インフラ基盤構築など総合的な運用ノウハウが必要になることから、提携した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]