マーケティング・営業・カスタマーサクセスのDX支援「HAKUHODO Marsys Assessment for RevOps」開始

博報堂、バーチャレクスとの協業で各領域をつなぐ業務プロセス最適化とシステム基盤構築をサポート

博報堂は、企業のマーケティング・営業・カスタマーサクセス(顧客の成功体験への活動)領域のDX(デジタル変革)の取り組みを支援するサービス「HAKUHODO Marsys Assessment for RevOps(博報堂マーシス・アセスメント・フォー・レブオプス)」を始める、と11月7日発表した。各領域を結んだ業務プロセスの最適化と情報システム基盤の企画・構築をサポートする。

マーケティングコミュニケーション・営業・カスタマーサクセス領域で課題の抽出と対応策提言を行うサービス。戦略面の連携、システム導入・活用、業務フローの改善につなげ、企業の収益最大化と仕組みの最適化を後押しする。企業と顧客の接点に関するコンサルティング・アウトソーシングサービス事業のバーチャレクス・コンサルティングと協業して展開する。

博報堂がマーケティングコミュニケーション領域、バーチャレクスが営業・カスタマーサクセス領域を担当する。マーケティングコミュニケーション・営業・カスタマーサクセスの改善は個別に対応される傾向が強いが、HAKUHODO Marsys Assessment for RevOpsでは合わせて支援。大手企業に多い各領域の運営組織が分断されて連携が取れないという問題を解決する。

「HAKUHODO Marsys Assessment for RevOps」イメージ図

博報堂が提供するマーケティングシステム基盤のアセスメントサービス「HAKUHODO Marsys Assessment」でRevOps(レベニューオペレーション)対応を可能にした。RevOpsは、マーケティング・営業・カスタマーサクセスの部門単位での非効率の業務運営を解消し、生産性や組織全体の成長を高めて一貫性のある顧客体験を提供することで売り上げ増を加速させる方法論。

HAKUHODO Marsysサービス展開全体像
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]