コメント投稿

【6/17 開催】面白いようにデータが集まる 「使えるCRM」の作り方

このウェビナーでは、現場に喜びの体験を提供するデータが集まりやすいCRMを自分で簡単に作る方法について解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ウェビナー開催概要

面白いようにデータが集まる「使えるCRM」の作り方

2021年6月17日(木) 11:00-11:30

CRMを導入する企業を多数見てきた当社セールス担当 前原と、「現場が喜ぶ」ことを重視した、面白いようにデータが集まる「使えるCRM」を作りませんか?

「業務効率をあげたい」「売り上げを伸ばしたい」、「デジタル化を推進したい」など、CRMを導入する企業の目的は、さまざまです。期待される効果の高いCRMですが、データが集まらなければ、スタート地点に立つことはできません。

例えば、営業担当者が顧客とのコミュニケーションの中で集めた、いわゆるヒアリング情報や、名刺交換をした人の情報など、あらゆるデータを担当者に入れてもらい、それを燃料として、CRMを動かしていきます。

しかし、「現場からデータが集まらない。」という課題が多くの企業で発生しています。ITが苦手、面倒、忙しくて登録する時間がない。など、現実的な声がその理由として返ってきますが、そもそもデータが集まりやすい工夫が行われていないケースが多々あります。

入れることが手間ではなく、「簡単にさっと入れらえる」という状態になれば、データは集まりやすくなります。さらに、データを登録するメリットが喜びの体験になれば、「もっとこうして欲しい」また、「そのためには、こういう情報も入れられるようにしたい」など、現場から声が上がってくるようになります。

このウェビナーでは、そして現場に喜びの体験を提供するデータが集まりやすいCRMを自分で簡単に作る方法について解説します。

<予定内容>

  • 「使えるCRM」と「使えないCRM」の違い
  • データを入れたくなるCRMの作り方
  • 登録したデータを活用して作る「喜び体験」
  • 自分で作るオーダーメイドCRM - サービス・デモンストレーション

お申込みはこちら

https://www.zoho.com/jp/crm/webinars/easy-to-collect-data-with-crm.html

※同業他社の方はお申し込みをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

本セミナーをおすすめする方

  • はじめてCRMを導入するため、使えるか不安がある
  • 失敗しないCRMを作りたい・過去に失敗した経験がある
  • CRMの導入効果を高めたい
  • CRMが使いづらくて困っている・活用が進まない

講師プロフィール

ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業部 営業部 前原 翔

2020年8月入社。さまざまなビジネスニーズに応える、豊富なクラウドサービスを提供するZohoに惹かれる。Zoho CRM(顧客管理/営業支援ツール)、Zoho Desk(ヘルプデスクツール)のZoho Analytics (BI/分析レポートツール)を担当。
お客様視点でわかりやすく解説し、スムーズな導入を支援いたします。
趣味は、サッカー。本場イギリスでのプレー経験あり。

よろしければこちらもご覧ください
010
010
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]