コメント投稿

ADKマーケティング・ソリューションズが全CM放送枠を「6秒CM」にした30分テレビ番組

地上波で初めて企画、ABCテレビで「3人の鬼才・六秒世界」を3月20日11時から放送
よろしければこちらもご覧ください

ADKグループでマーケティングソリューション事業のADKマーケティング・ソリューションズ(ADK MS)は、30分のテレビ番組で全てのCM放送枠をデジタル広告で使用する6秒CM素材でフォーマットした「3人の鬼才・六秒世界」を朝日放送テレビ(ABCテレビ)で企画・制作し、3月20日の11時から11時30分に放送する、と3月15日に発表した。

 

デジタル広告では6秒CMが主流で、米国ではテレビ番組で6秒CMの取り組みが数多く発表されているが、日本では15秒や30秒以上のCM素材が主流だ。ADK MSによると、全てのCM放送枠を「6秒CM素材のみ」でフォーマットされた番組はテレビ地上波で初めてで、番組を通じて新しいCMフォーマットの可能性や有効活用、メリットの提供につなげる。

番組は、6秒CMの制作に3人のクリエイターがチャレンジする様子を追いかけるドキュメントバラエティ。今回の企画は、ADK MSの新事業ブランド「ADK CONNECT」の取り組みの一環で、マスメディアとデジタルメディアの統合的プランニングや、DX(デジタル技術を活用した事業変革)を通じたテレビメディア運用マーケットの拡大を目指す。

よろしければこちらもご覧ください
130
130
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]