コメント投稿

楽天市場内にブランド情報紹介ページが設置できる「RMP-Brand Gateway」の提供を開始

楽天データマーケティングは、楽天市場内に「RMP-Brand Gateway」という企業がブランドサイトを楽天市場の中に設置できるサービスを開始する。
よろしければこちらもご覧ください

楽天データマーケティングは、楽天市場内に「RMP(Rakuten Marketing Platform)-Brand Gateway(RMPブランドゲートウェイ)」という企業がブランドサイトを楽天市場の中に設置できるサービスを開始すると12月11日に発表した。

仕組みはこうだ。


楽天市場TOPページや検索結果に表示される広告枠からRMP-Brand Gatewayへ誘導でき、商品購入ページへ誘導ができる。

RMP-Brand Gateway内では動画などによる商品紹介も可能で、閲覧ユーザー層、売上データレポートなどを企業側で確認できる。2018年春以降には、企業側がリアルタイムにコンテンツの更新ができるCMSの提供も開始する予定だ。

第1弾として、マテル・インターナショナルのサイトが12月11日から開設される。これまで同様の取り組みを先行して行っていた花王、日本コカ・コーラ、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)などの約15企業が2018年1月以降にサイトを開設する予定だという。


マテル・インターナショナルのサイト(実際のRMP-Brand Gatewayページ)
https://event.rakuten.co.jp/mc/mattel/

商品開発に至った背景として、楽天データマーケティングの盧(ろう)氏は次のように語る。


楽天データマーケティングの盧(ろう)氏

ECサイトの情報媒体としての有用性が再認識され始めています。ECサイトで情報収集して、回遊しているユーザー行動も多くあります。

お買い物の動線上にブランドの情報を掲載できることは、広告主にとってはユーザーとコミュニケーションが取りやすいコンテンツに成り得ますし、ユーザーにとっても別のサイトへ飛ばずに購入検討している商品の情報が得られることは双方にメリットがあると感じています。

また、広告主にとっては楽天市場内にサイトを設けることで、楽天市場内のユーザー行動データと、楽天スーパーポイント加盟店での購入データなどとかけ合わせて分析ができるようになり、広告改善・ビジネス全体の改善スピードも上がるはずです。

見えなかったデータをクリアにして、広告主さんにとっても、ユーザーさんにとっても買い物をしやすい、コミュニケーションを取りやすい環境を提供できればと思っています。

よろしければこちらもご覧ください
46121
46121
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル