コメント投稿

ベリトランス、音声自動応答によるASP決済サービス「IVR決済ソリューション」の提供を開始

消費者自らカード番号を入力し決済、カード番号の不正利用やヒアリングミスを防止
よろしければこちらもご覧ください

オンライン決済ソリューションのベリトランスは、コンタクトセンターを併設する通販事業者を対象としたIVR(音声自動応答)によるASP決済サービス「IVR決済ソリューション」の提供を開始した、と4月1日発表した。消費者が商品を購入する際、電話でクレジットカード決済を希望するとオペレーターから自動音声に切り替わり、消費者が自らカード番号を入力して決済を完了するサービスで、コンタクトセンターではカード情報が通過しないため、導入事業者はカード番号の不正利用やヒアリングミスを防ぐことができる。

IVR決済ソリューションは、外線への転送が可能な電話機とインターネット接続ができるPCがあれば、コンタクトセンター内1席から導入でき、高セキュリティなASP決済サービスを実現する。国際的なカード5ブランドによって策定したセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠したセキュリティ環境下で、オペレーターが消費者のカード番号に触れることなくカード決済を完結できる。費用は初期費用30万円、月額基本料は3万円から。

ベリトランス
http://www.veritrans.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
10130
10130
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル