『インターネット白書2018』発売、仮想通貨・ICO・スマートスピーカー・AI・VRなどに注目

インプレスR&Dは、『インターネット白書2018』の電子版と印刷版を2月9日に発売した。注目キーワードは仮想通貨・ICO・スマートスピーカー・AI・VRなど。
『インターネット白書2018』
  • 編者:インターネット白書編集委員会
  • 小売希望価格:電子書籍版 2,100円+税/印刷書籍版 3,200円+税
  • 印刷書籍版仕様:B5判/口絵カラー+本文モノクロ/本文324ページ
  • ISBN:978-4-8443-9813-4
  • 発行:インプレスR&D

インプレスR&Dは、『インターネット白書2018』の電子書籍版と印刷書籍版を2月9日に発売した。

インターネット白書は「The Internet for Everything」を掲げ、インターネットの最新動向を各分野の専門家の寄稿と統計資料によって報告するIT/デジタル業界の年鑑。

一般財団法人インターネット協会(IAjapan)、一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)の協力のもとに発行しており、今年で22年目となる。

2018年版は「デジタルエコノミー新時代の幕開け」をテーマに、39人の専門家が技術・社会・ビジネスの観点から寄稿。2017年11月16日に発売されたインプレス25周年記念ムック『INTERNET magazine Reboot』からの特選記事も掲載している。

2018年の10大キーワードは次のとおり。

  • 仮想通貨(暗号通貨)
  • ICO(新規仮想通貨公開)
  • スマートスピーカー
  • AI生活
  • VR
  • 動画メディア
  • 5G
  • LPWA
  • ネットワーク中立性
  • xTech(クロステック、エックステック)

同書の電子書籍版は、アマゾンのKindle、楽天のKobo、アップルのiBooks、紀伊國屋書店のKinoppyそれぞれのストアサイトから購入可能。印刷書籍版は、アマゾンのプリント・オン・デマンド(POD)版で購入できる。

紙面イメージ
紙面イメージ

目次

  • 10大キーワードで読む2018年のインターネット
  • 第1部 ビジネス動向
  • 第2部 テクノロジーとプラットフォーム動向
  • 第3部 インターネット基盤と通信動向
  • 第4部 サイバーセキュリティ動向
  • 第5部 社会動向
  • 付録 インターネットの主な出来事2016.11→2017.10
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]