『インターネット白書2017』発刊、IoT・AI・VR・ブロックチェーン・ドローンなどに注目

副題は「IoTが生み出す新たなリアルな市場」、36人の専門家が技術・社会・ビジネスの観点から寄稿

電子出版事業のインプレスR&Dは、インターネット市場の動向をまとめた年鑑『インターネット白書2017 ~IoTが生み出す新たなリアルな市場~』を1月31日に発刊した。

インターネット白書は、「The Internet for Everything」を掲げ、インターネットの最新動向を各分野の専門家の寄稿と統計資料によって報告する年鑑。インターネット協会(IAjapan)、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、日本レジストリサービス(JPRS)の協力のもとで発行する。

第1部 ビジネス動向 1-1 メディアとデジタルコンテンツ

最新刊のインターネット白書2017では、36人の専門家が技術・社会・ビジネスの観点から寄稿。最新テクノロジーやイノベーション、新技術がビジネスにもたらす影響、広告・放送などの既存メディア業界の取り組み、シェアリングエコノミーなどをレポート。

2017年のインターネット10大キーワードでは、次の10項目に注目した。

  1. IoT(Internet of Things)
  2. LPWA(Low Power Wide Area)
  3. ブロックチェーン
  4. ゼロレーティング
  5. VR
  6. AI
  7. 官民データ活用
  8. 災害とインターネット
  9. サイバーセキュリティ
  10. インターネットガバナンス

インターネット白書2017は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を活用して発刊。価格は電子版1,800円(税別)、印刷版2,800円(税別)。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]