「アクセス解析」カテゴリの記事 -解説記事

5ページ目の記事を表示しています。

内容カテゴリ「アクセス解析」すべての種別カテゴリ編集記事を表示しています(全792記事)。

「アクセス解析」カテゴリの記事 -解説記事

ページ

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/10/30 8:00 (22)(23)

あの企業の人がうちのサイトを見ているのならば、営業すれば響くはずだ――それならば、分析しようではないか。企業ユーザーの閲覧行動を分析して、資料請求や問い合わせにつながるようにサイトを改善したり、営業活動に活かすには?

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/10/23 8:00 (50)(32)

平日と休日でユーザーの閲覧行動に違いがあるのかを分析して、公開するコンテンツの傾向を変えるべきかを判断するヒントを見つけよう。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/10/16 8:00 (66)(46)(26)

Webコンテンツは、何時頃にどのコンテンツを公開するのが良いのだろうか。時間帯ごとの利用状況を知ることで、どのようなタイミングで、どのようなコンテンツを見せたらよいのかのヒントを見つけよう。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/10/09 8:00 (80)(57)(48)

今回は、スマートフォンユーザーに絞り込んで、モバイル環境から閲覧しにくいページの改善に活かすためのヒントを得る方法を解説する。

丸山 耕二 2014/10/06 9:00 (77)(102)(92)

「アクセス解析のレポートを見れば、もっとよい動線設定ができるのでは? 申し込み数を増やせるのでは?」と考える人は多いと思う。それはある意味正しい。具体的な手がかりをもって改善にあたれば、施策の精度が格段に高まるだろう。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/10/02 8:00 (30)(35)

今回は、新規訪問なのに、そのままコンバージョンに至った成功パターンから、成功の要因を学べないかという話をしよう。新規訪問でコンバージョンに至ったケースから成功パターンを抽出して、それを他のページにも応用するための方法だ。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/09/25 7:00 (29)(48)

今回は、「新規訪問ユーザーが直帰した訪問」を分析する方法を解説する。初めてサイトを訪問した人が、一目で「ここは思ってたのと違う」と思ってしまう理由は何なのかを、もてなしがきちんとうまくいっていないのではないかという視点で考えてみる。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/09/18 9:00 (31)

eコマースサイトで一定額以上の買い物をしているユーザーの属性、来訪経路、購入商品を分析する方法を説明する。一定額以上の購買ユーザーに焦点を当てて、そこからさらに成果を上げるためのヒントを探る方法を知ってほしい。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/09/11 9:00 (26)(31)

無料お試しキャンペーンなどで獲得したユーザーが、その後製品やサービスを購入するなどして顧客になったかどうかを検証する方法を説明する。

丸山 耕二 2014/09/08 9:00 (21)(30)(22)

複数サイトや外部サイトを使っている場合、相互の影響が気になるところだ。Googleアナリティクスには「クロスドメイントラッキング設定」が用意されているが、それをただそのまま使っても、本質的な問題は解決しない。今回は、クロスドメイントラッキングについて、改めて考えてみよう。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/09/04 9:00 (82)(83)(66)

コンバージョンしたユーザーが過去にどのコンテンツを閲覧したのかを調べて、コンバージョンに寄与したコンテンツが何なのかを推測する方法を説明する。

生田昌弘(キノトロープ) 2014/09/03 11:00 (167)(50)

いくら熱心にアクセスログを眺めてもそこに答えは見つからないし、そもそもそれは「解析」ではない。業者の営業トークを真に受けて気安く解析を依頼されても困ると説くその心は? Web屋の頑固オヤジことキノトロープ生田昌弘氏が、真のWeb担当者を目指すあなたに贈る叱咤激励メッセージ。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/08/28 9:00 (31)

リニューアルで導入された「ユーザー」ベースのセグメントは、じつは使い方が難しい。間違わずに指定するための注意点を解説する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/08/21 9:00 (28)(27)

Google アナリティクスにはセグメント機能が使えないレポートや、使えるが注意が必要なレポートがある。それらをまとめて解説する。

海老澤 澄夫(イー・エー・ジェンシー) 2014/08/08 9:00 (301)(163)(97)

今までのGoogle アナリティクスのeコマース機能は完了した注文だけをレポートしていたが、新しくなった「拡張eコマース」機能では、「商品の検索から詳細ページの閲覧」→「カート投入」→「決済」がわかるようになった。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/07/31 9:00 (32)(38)

メルマガ購読者をよりWebサイトへ引き寄せる方法はないだろうか。そんな問題意識を持ちながら、メルマガユーザーの行動を分析してみよう。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/07/24 9:00 (52)(49)(33)

ヘビーなリピーターである「おなじみさん」に着目して、サイトをもっとよくするヒントを得ることはできないだろうか?

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/07/17 9:00 (33)(36)

直帰しなかったセッションには、サイトの良い面をもっと伸ばすヒントがあるに違いない。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/07/10 9:00 (64)(70)(53)

あなたのサイトを訪れる人で、滞在時間が長いユーザーや1ページずつ長い時間をかけて閲覧してくれているユーザーといった「じっくり閲覧」ユーザーに絞り込むセグメントを使って、ファンの興味関心を分析する方法を説明する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/07/03 9:00 (37)(66)(51)

ユーザーは、なぜあなたのサイトを訪れたのか。そうした訪問意図は、「参照元」と「ランディングページ」を組み合わせることで、ある程度推測できる。ユーザーの訪問意図を推測し、サイトがニーズに応えられているか、閲覧傾向から探ってみよう。

丸山 耕二 2014/06/30 9:00 (41)(49)(29)

「直帰率」「離脱率」といった初歩的な用語を、明快に説明できるだろうか? 今回の記事を通して、「ユーザー」「参照元」「ランディングページ」「直帰率」「ページビュー」「離脱率」「訪問数」「リピート率」といった、アクセス解析の初歩的な用語について、改めて理解しているか振り返ってほしい。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/06/26 9:00 (38)(44)(25)

メルマガでサイトに誘導したセッション(訪問)に絞り込むセグメントを使って、メルマガ経由のセッション(訪問)に絞り込み、行動を観察する方法を紹介する。

野本 幹彦 2014/06/25 9:00 (154)(84)(68)

オウンドメディアの評価を上げるためにはまず何をするべきか。数々の大手企業のサイト改善を手掛けてきたエクスペリエンスの橘氏は、「顧客が見えていない企業が多すぎる。訪問者に最適化されていないWebは損失を出し続けている」と指摘。アクセス解析から損失を可視化する方法、そこから単純な考え方で離脱率・コンバージョン率を改善する方法について、事例をまじえながら講演した。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/06/19 9:00 (22)

利用者の居住地域を北海道、東北などの地域ブロック別に分け、居住地域別に行動特性を分析する方法を紹介する。

仲里淳 2014/06/13 9:00 (109)(23)

さまざまな媒体を使った集客施策全体の費用対効果を見極めて、「売上を上げる法則」を自分たちでコントロールしたい! そこで導入した広告効果測定ツールで、意外なチャネルとの親和性やメルマガ効果を発見。ツール導入にかかるコスト以上のメリットがある。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/06/12 9:00

今回は、「男女別のセグメント」「年齢区分別のセグメント」を使って、性別・年齢別に行動分析をする方法を紹介する。B2Cサイトやメディアなどでは、ターゲット層を集客できていて、ちゃんとコンテンツを見てもらえているか、確認してみよう。

誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック

アクセス解析の完全な初心者です。何からやるべきですか?

丸山 耕二 2014/06/09 9:00 (49)(96)(76)

そろそろ「アクセス解析」を覚えたいと思っていても、ハードルの高さを感じるという初心者は多い。今回の記事では、まず何をすべきなのかを明確にしたい。アクセス解析の本質は「データを見ること」ではなく「課題を明確にする」ことだ。その具体的な方法も含め、初心者の立場で考えてみたい。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/06/05 9:00 (66)(66)(62)

何らかのきっかけでサイトに訪問してくれたユーザーが、その後サイトに継続的に訪問してくれているのかを分析する方法を紹介する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/05/29 9:00 (28)(33)

eコマースサイトで、商品の併せ買いの傾向を把握して、特定の商品や商品群を購入したユーザーの行動を役に立てる方法を解説する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/05/22 9:00 (60)(59)(31)

記事のレコメンド(お薦め)に役立つ「特定の記事カテゴリー(ディレクトリ)を閲覧したユーザー」「特定の記事(ページ)を閲覧したユーザー」セグメントの作り方と使い方を紹介する。

丸山 耕二 2014/05/19 9:00 (42)(50)(28)

サイトに悪いところは見つからないが、改善はしたい。そういった場合に「地道だが効果的な改善ポイント」を探る方法を考えてみたい。ポイントは「差を見つけること」。それには「期間比較」と「セグメント」の機能が有効だ。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/05/15 9:00 (36)

今回は、潜在顧客の興味関心を探るために、ヘビーユーザーに絞り込んでデータを見る場合のセグメントの使い方を説明する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/05/08 9:00

ビジネスサイトは売上を上げるなどの成果を上げることが最重要課題だ。今回は、成果を上げた訪問に絞り込んでデータを見るために、「コンバージョンが達成されたセッション」と「トランザクションの発生したセッション」のセグメントを使う方法を説明する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/04/24 9:00 (29)(26)

なぜそのユーザーはうちのサイトに来たのか。その「訪問動機」を考えて対応するために、「どこから来たのか」でユーザーを分けて分析してみよう。まずは、集客の質を探るための3つの基本的なセグメント「検索」「参照」「ノーリファラー」を使いこなすためのセグメントの使い方を説明する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/04/17 9:00 (85)(41)(33)

サイトの成長戦略のカギとなる「新規ユーザー」と「リピーター」の利用状況を分けてデータを見るためのセグメントの使い方を説明する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/04/10 9:00 (35)(24)

飛躍的に増えているモバイルからのトラフィックを分け、PCとスマホで比較しながらユーザー行動を分析するためのセグメントの使い方を解説する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/04/03 9:00 (67)(57)(33)

Googleアナリティクス使いこなしのカギはセグメントにあり!毎回1つずつ、具体例を挙げながら、セグメント設定と分析例を紹介していく新連載。

丸山 耕二 2014/03/31 9:00 (110)(130)(197)

アクセス解析レポートを急に作らなければいけなくなっても、だれでもわかる範囲に絞れば、的確なマイレポートを短時間で作成できる。今回は、テンプレートとノウハウを公開するので、「現状把握用のマイレポート」を5分で作ってみよう。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

ぶっちゃけ、ユニバーサル アナリティクスはどこがスゴイのか?(第93回)

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/03/20 9:00 (143)(74)(48)

ユニバーサル アナリティクスへ移行するメリットとは何なのか?その魅力を、3つのポイントに絞って解説する。ユニバーサル アナリティクスで予定されている機能が実装されれば実現できる分析の例なども紹介する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/03/13 9:00 (95)(55)(57)

アップグレードしていないのに、ある日突然、管理画面がユニバーサル アナリティクス仕様に変わっていたら、どうすればいいのか?

大城 拓也(トランスコスモス) 2014/03/12 9:00 (693)(106)(81)

この記事では、GoogleアナリティクスをDMP(データ管理プラットフォーム)として扱い、DoubleClickのマーケティングサービスと連携させることで、チャネルを横断して包括的にデータを分析し、さらに、その結果を用いた統合プロモーション施策を実現する具体的な方法を解説する。

誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック

Googleタグマネージャを使ってみたいので、ポイントを教えてください

丸山 耕二 2014/03/10 9:00 (32)(40)

Googleタグマネージャ(GTM)を使ってみたいが、まだまだ情報が少なく悩んでいる人も多いだろう。GTMでは「非同期」がカギとなる。解析関連のタグを一元管理するために、まずは、小さいサイトで検証してみよう。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

「ヒット/セッション/ユーザー」のGoogleアナリティクスでの区分を理解する(後半)(第91回)

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/03/06 9:00 (25)(22)

この「ヒット/セッション/ユーザー」ベースを理解して、カスタム レポート、フィルタ、セグメントなどを正しく使いこなせるようにしよう。この知識なしにカスタムレポートを作ると、想定していたのとまったく違うデータが表示されてしまう場合がある。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

「ヒット/セッション/ユーザー」のGoogleアナリティクスでの区分を理解する(前半)(第90回)

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/02/27 9:00 (24)

「ヒット」「セッション」「ユーザー」の3つの区分の違いをわかりやすく説明する。点と線と面で考えるイメージと、「イベント」「トランザクション」「コンバージョン」などの指標との関係も解説する。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/02/20 9:00

自分がカスタマイズした設定をネットに公開したり、他の人が作った設定をインポートするのに便利な機能である「アセットの共有」と「ソリューションギャラリー」の使い方を説明する。

柏木恵子 2014/02/14 8:00 (86)(26)

英会話スクールのベルリッツ・ジャパンは、サイトリニューアルによってPCサイトのCVRを対前年比120%にまで改善し、スマートフォンでもCVRを2倍まで向上させた。「成功ポイントはユーザー行動の可視化にある」と語る、同社の井幡貴司氏が活用したのが、ユーザーローカルのアクセス解析ツール「ユーザーインサイト」のヒートマップ機能だ。仮説検証と改善までの具体的な内容が語られた。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

時系列と時間帯や曜日でまとめる便利なカスタムレポートを使ってみよう(第88回)

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/02/13 9:00 (75)(57)(33)

時系列で複数の指標を一度に表示/ダウンロードできるカスタムレポートや、曜日や時間帯という時間軸でまとめた集計をする便利なカスタムレポートを紹介する。あなたのGoogle アナリティクスアカウントで、すぐに利用できる。

誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック

うちのサイトにどんな人がアクセスしているかわかりますか?

丸山 耕二 2014/02/10 10:00 (31)(55)

アクセス解析データから訪問客を推測することもできるが、さらに詳しくユーザーの属性を知りたい人も多いだろう。Googleアナリティクスに最近できた「ユーザーの分布」レポートを活用することで、新たな気づきに繋げることができるだろう。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/02/06 9:00

組織でGoogleアナリティクスを運用する際には、「ユーザー管理」あるいは「編集」権限を付与した人を最低2人はアサインしておこう。

衣袋 宏美(株式会社クロス・フ... 2014/01/30 9:00 (25)(23)

2013年、Googleアナリティクスのユーザーアクセス権限が4種類に増えた。自由度が高くなったユーザー権限をどう設定すればよいのか、くわしく解説する。どの権限で何ができるのかが一目でわかる一覧表もお届けする。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]