イベント・セミナー

データ分析のその一歩先へ「アナリティクスサミット2019」4/9(火)溜池山王で開催

データ分析とデジタルマーケティングの第一人者の皆様に事例と取り組みを、本音や課題も含めてお話しいただきます。
アナリティクス サミット 2019
本イベントのお申込受付は終了いたしました。
多数のお申込ありがとうございました。

4月9日火曜日、平成最後のアナリティクスサミットが溜池山王の赤坂インターシティコンファレンスで開催されます。
アナリティクスサミット2019のテーマは「データ分析のその一歩先へ」。
今年の講演者は、ワークマンの土屋 哲雄 氏、アビームコンサルティングの本間 充 氏、メルカリの松田 慎太郎 氏、LINEの保田 昌彦 氏、そしてオイシックス・ラ・大地の奥谷 孝司 氏と、いずれもデータ分析とデジタルマーケティングの第一人者の皆様です。
事例と取り組みを、本音や課題も含めてお話しいただきます。
需要予測を統計モデルを使って精度高く実践した事例、データサイエンティストがいなくてもチームの教育やデータの民主化に成功した事例、B2Bでのデータ分析チームのあり方、オフラインの顧客行動とオンラインのおもてなしを一体で取り組んだO2O事例など、多様な事例を取り上げます。
きっと、あなたのチームが、一歩先へ進めるヒントに出会えるはずです。

プレミアムスポンサー
  • アユダンテ株式会社
ゴールドスポンサー
  • 株式会社プリンシプル

開催概要

イベント名アナリティクス サミット 2019
日時2019年4月9日(火)10:00~17:15(受付開始 9:30)
会場
赤坂インターシティコンファレンス
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(地図を確認する)
交通アクセス
東京メトロ 銀座線・南北線「溜池山王駅」直結
千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」直結
参加費
  • a2i 法人会員:無料、ただしa2i法人会員のみお申込みできます。(1社あたり5名様まで)
  • a2i 有料個人会員:2,000円(個人会員の方は、ご本人のみの受付で、代理出席ができません。)
  • 無料会員、一般:9,800円
主催アナリティクス アソシエーション(a2i)
協力株式会社インプレス Web担当者Forum
ハッシュタグ #a2isummit
URL
このページ
https://webtan.impress.co.jp/events/201904a2i
お問い合わせ先
  • 株式会社インプレス イベント事務局
  • TEL:03-5510-4079
  • Mail:analytics-summit@impressbm.co.jp
  • 受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

タイムテーブル※講師・講演内容は予告無く変更される場合があります。予めご了承ください。

時間講演・講師情報
10:1011:00
基調講演
「データ経営」で第2のブルーオーシャン市場を開拓
~ 全社員へのデータ教育と需要予測の実践的取り組み ~
土屋 哲雄
講演概要

ワークマンは個人の作業服市場で圧倒的なシェアを持っていますが、市場は取り尽くし気味で、新分野への進出が急務でした。新たな業態では作業服業界での勘や経験が通じないため、「データ」で経営できる体制が必要でした。全社員に対するデータ教育を始めて、営業部・商品部・ロジ部・ネット販売部に「分析チーム」を発足させました。国内メーカーはアルゴリズム自動選択型の需要予測をベースに自主的に納品して、当社は全量買い取っています。加盟店からの発注業務も完全自動化しました。日経トレンディ2019年ヒット予測で1位になったアウトドアウェア新業態店「WORKMAN Plus」でも開店時から自動発注を使っています。

講師プロフィール

東大経済学部卒、三井物産株式会社入社。海外留学、三井物産デジタル社長、本社経営企画室次長、エレクトロニクス製品開発部長、上海広電三井物貿有限公司総経理。
三井情報株式会社取締役。
株式会社ワークマン常務取締役経営企画・IT・ロジ担当(現任)。現業態のワークウェアは需要予測でシェアを更に高め、勘と経験がない新業態アウトドア衣料では分析力で市場参入に成功。小売でNo.1の「データ経営」をめざします。

続きを読む
11:1512:05
基調講演
最新データ分析チームの強化方法
~B2Bにおけるチーム作りのコツ~
本間 充
  • アビームコンサルティング株式会社
  • 顧問
  • 本間 充
講演概要

データ分析チームに求められるのが、分析力、分析ソフトの活用力だけの時代は終わりました。事業を行う企業の中の分析チームは、分析の結果をマーケティングの改善など次のアクションに導くことまでが求められています。そのような、in-houseの分析チームの作り方について、B2Bの事例を中心にご説明します。B2Bのみならず、データ分析チームを強化したい方は、ぜひご参加ください。

講師プロフィール

大手消費財メーカーを経て、2015年アビームコンサルティングに入社。多くのMarketingおよびDigital Marketingの経験と、データ分析の実績多数。
東京大学大学院数理科学研究科 客員教授。ビジネス・ブレークスルー大学 客員講師。
著書『シングル&シンプル マーケティング』

続きを読む
12:2013:10
ランチセッション
データ分析、その前に
~DMP構築で見えた、壁とぶち破り方~
井上 達也
  • アユダンテ株式会社
  • デジタルマーケティングエンジニア
  • 井上 達也
講演概要

必要なデータを集める、加工する、分析結果をデリバリする。
分析に集中し、結果を活かす環境があってこそデータ分析は成り立ちます。アユダンテが提供する統合データ・ソリューションのQuickDMPの構築、導入で見えたデータ分析環境構築の課題や対策を実体験を交えてご紹介いたします。QuickDMPの利用有無に関わらず、分析環境を準備する上でヒントになる情報をお話できればと思います。

内容レベル

脱初級

参加対象者

自身のデータ分析環境に課題を持つ方

受講するメリット

これまで諦めていたデータの活用、レポートの浸透のヒントが得られるかも知れません。

こんなニーズや悩みに答えられる内容です

・データ分析のためのデータ準備、社内の配信などデータ分析以外の負荷を軽減したい
・DMP環境を構築したいがイメージがわかない、進め方がわからない

講師プロフィール

元はLAMP環境を中心としたWebエンジニアとしてシステム開発に従事。アユダンテ入社後は、それまでの経験を活かしてGoogleタグマネージャ、BigQueryなどデジタルマーケティングにおける技術的なサポートを主に担当。自社のデータビジュアライゼーションサービス「QuickDMP」のチームにも所属し、Tableau、Googleデータポータルをベースとしたダッシュボード環境の構築などにも携わる。

続きを読む
13:2514:15
第1部
メルカリの分析組織と、分析の民主化について
樫田 光
講演概要

メルカリでは数値に基づく意思決定を重視していますが、それには分析者が足りないという課題を抱えていました。
BI Teamでは『採用強化』『メルカリ内での分析の民主化』という取り組みを通じて課題解決を図ってきました。
私はこのうちの後者『分析の民主化』を推進してきました。
分析の民主化とは、分析の専門職以外でもデータ分析をできるようにすることを通じ、意思決定を精緻にしていく取り組みのことです。
本講演では、メルカリが具体的に分析の民主化をどのように行っていったのか、というのをメルカリの組織構造や文化を踏まえてお話できればと思っています。

講師プロフィール

2016年7月にメルカリ入社。US版mercariのマーケティング / Growthの分析を担当後、JP版メルカリのカスタマーサービス / 顧客満足度に関する分析を担当する。メルカリへ入社する以前は、株式会社ブレインパッドでデータサイエンティストとして広告、化粧品、メディア事業における分析を担当していた。

続きを読む
14:3015:20
第2部
新サービスを出し続けるLINEのO2Oビジネスデータ活動
保田 昌彦
  • LINE株式会社
  • O2Oカンパニー ストラテジックテクノロジーチーム
  • マネージャー
  • 保田 昌彦
講演概要

2017年6月、オンラインサービス「LINEショッピング」のローンチから約2年、LINEのO2Oビジネスはオンライン・オフライン問わず4つのサービスに急拡大し、2019年も新たなサービスを生み出そうとしています。
そんなLINEのO2Oビジネスを支えるデータ活動はどうなっているのか? サービス紹介からサービス誕生秘話、日々のデータ活動についてご紹介いたします。

講師プロフィール

LINEショッピングやLINEデリマ、LINEトラベルなど、O2Oカンパニーが展開するサービスをデータ分析とテクノロジーで支える組織をリードする。

データベースエンジニアを経て、データ分析の世界へ。
(旧)ソフトバンクBB株式会社、楽天株式会社、株式会社ユニクロなど、事業会社でのデータ分析活動や分析組織立ち上げの経験を経て、2018年 LINE株式会社に入社。

続きを読む
15:2016:00
スポンサーセッション
データ連携によるGoogle広告のコンバージョン最大化
小田 啓介
  • 株式会社プリンシプル
  • クライアントディビジョン
  • セールスコンサルタント
  • PPCユニット サブマネージャー
  • 小田 啓介
講演概要

Google広告の運用はAIを活用した自動化運用が主軸となりました。
また、広告運用の最適化要素には外部データや自社の顧客データを連携することであらゆる運用が可能です。例えば「金融データを広告最適化に反映する」や「店舗の売上データを広告最適化に反映する」などです。
今回はGoogleマーケティングプラットフォーム、BIツール(Tableau)を活用し、広告運用に生かす事例をご紹介いたします。

講師プロフィール

2015年、株式会社ヴィクシアに入社。運用型広告を始めとするWEB広告戦略設計・運用・アクセス解析に従事。Adobe Media Managerを活用した広告運用のスペシャリストとして月間1億円を超えるアカウントを運用。大手流通企業のマーケティング部署に常駐し、売上拡大に貢献。

2018年、株式会社プリンシプルに入社。ソリューション ディビジョン サブマネージャーに就任。WEB広告を始めとして、データを活用したGoogle広告の提案、導入支援を行っている。

続きを読む
16:1517:05
基調講演
顧客とつながる企業のChannel Shift戦略
奥谷 孝司
講演概要

アマゾンはなぜ食品スーパーのホールフーズ・マーケットを買収したのか?小売業界で今、起こっている変化(チャネルシフト)、オンライン(EC)を起点とし、オフライン(実店舗)に進出し、顧客とのつながりを創出することによって、マーケティング要素自体を変革しようとする”世界最先端のマーケティング ”戦略について解説します。
当日は、以下のようなポイントについてお話しする予定です。
・顧客時間の重要性について
・Omni-Channel とは何か?
・これからの店舗&これからのCRM- Channel Shift戦略とはなにか?

講師プロフィール

1997年良品計画入社。3年の店舗経験の後2年ドイツ駐在。家具、雑貨関連の商品開発や貿易業務に従事。帰国後「World MUJI企画」を運営。2003年良品計画初となるインハウスデザイナーを有する企画デザイン室の立ち上げメンバーとなる。2005年衣服雑貨部の衣料雑貨のカテゴリーマネージャー。現在定番商品の「足なり直角靴下」を開発、ヒット商品に。2010年WEB事業部長。「MUJI passport」のプロデュースで14年日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の第2回WebグランプリのWeb人部門でWeb人大賞を受賞。
2015年10月よりオイシックス株式会社(当時)入社。現在、執行役員 店舗外販事業部 部長、COCO(Chief Omni-Channel Officer)を務める。
2010年早稲田大学大学院商学研究科夜間主MBAマーケティング・マネジメントコース(守口剛ゼミ)修了。2015年4月日本マーケティング学会常任理事就任。2016年8月 NRI Digital オムニチャネル研究会 アドバイザー。2016年11月Prismatix社 Engagement Commerce Adviser就任。

続きを読む
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]