国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

関連性の高いコメントで上位表示ができるってホント!?

ページ

海外のSEO/SEM情報を日本語でピックアップ

関連性の高いコメントで上位表示ができるってホント!?
★★★★☆ コメントは有益にもスパムにもなりうる (Gary Illyes on Twitter)

健全で賑わっているコミュニティがサイトにあれば、上位表示の手助けになる。

盛んなコミュニティは、総合的な品質に加えられる。

グーグルのゲイリー・イリーズ氏は、このようにツイッターで発言した。ここで言う「コミュニティ」には、ブログのコメントも含まれる。

グーグルは、コンテンツの一部としてコメントも評価の対象にしている。スパム的なコメントがひどい場合は、手動対策の警告が与えられることもある。だが逆に、検索ユーザーのクエリに関連性が高いコメントが書き込まれていれば、コメントによってそのページが上位表示することもありえるのだ。

一般的なUGCと同じで、コメント欄も適切に管理すればユーザーに有益なコンテンツになり、グーグルにも相応に評価してもらえると理解してほしい。

1つ補足しておく。「盛んなコミュニティは、総合的な品質に加えられる」のあとに、次のようにもイリーズ氏は言っている。

たとえば、良いコンテンツには5点、優れたページからのリンクには2点、盛んなコミュニティには1点といった具合に点数を付ける。

ここでイリーズ氏が挙げている点数は解説のために出した数字であり、本当にこの点数配分でグーグルは評価しているわけではない。

グーグル、自社ブログサービスのBloggerを半強制的にHTTPS化
★★★☆☆ HTTPでの公開も併用可能 (Google Online Security Blog)

グーグルは2015年9月末に、自社が提供するブログサービスのBlogger(ブロガー)を常時HTTPSに対応させた。希望するユーザーは、設定を有効にするだけで簡単に自分のブログをHTTPS化できるようになった。

今回、これをさらに一歩推し進めて、全ユーザーのブログをHTTPSに対応させた。ユーザーの意思に関係なく、HTTPSを有効にしたのだ。

この変更にともない、HTTPSを有効にするか無効にするかの設定は削除された。代わりに、リダイレクトのオプションを新たに提供した。リダイレクトオプションを有効にすると、HTTPページへのアクセスを、対応するHTTPSページにリダイレクトしてくれる。オプションが無効な場合は、以前のようにHTTPでもアクセスできる。

たとえば、Bloggerで運用されている日本のウェブマスター向け公式ブログは、HTTPHTTPS のどちらでもアクセスできる状態になっている。

HTTPでもHTTPSでもアクセスできるウェブマスター向けブログ

HTTPSへの移行の際に発生しがちな問題として、「HTTPS/HTTP混在コンテンツ」がある。表示しているページはHTTPSページなのに、そのページで利用している画像やJavaScriptなどのリソースがHTTPで配信されると、完全には安全とはいえないため、一般的なブラウザでは鍵マークが表示されない。

今回の自動HTTPS化にあたっては、可能な限り混在するコンテンツが発生しないようにBlogger側で対応してくれたとのことである。ただ完璧な対応は無理なので、各ユーザーでの対応が必要な場合もある。

よくご存知のとおり、グーグルはウェブのHTTPS化を猛烈に推進している。半強制的とも言える、Bloggerの常時HTTPS化もその一環だ。

ちなみに筆者が調べた限りでは、リダイレクト設定を利用していない環境では、rel="canonical"タグに記述されるURLはhttpのままのようだ。したがって、HTTPSでアクセスできたとしても、検索結果ではhttpのURLが表示されるだろう。

SEOによくある2つの間違いをグーグル社員が指摘した
★★★★☆ 1つは、noindexタグを記述したページをrobots.txtでブロック (Gary Illyes on Twitter)

SEOによくある2つの間違いを、グーグルのゲイリー・イリーズ氏がツイッターで指摘した。

noindex robots meta タグを記述したページをrobots.txtでブロックしてしまう間違い。

meta タグや link タグ をheadセクションの外に書いてしまう間違い(ほとんどの場合は無視される)。

noindex meta タグとrobots.txtの間違った併用は本当に多いのだろう。グーグルの長山氏も以前に注意を喚起していた。

metaタグとlinkタグに関してはどうだろうか? meta descriptionタグやlink rel="canonical"タグなどほとんどは、たしかにheadセクションのなかでしか機能しない。

だが、例外がないわけではない。noindex robots meta タグだ。noindex robots metaタグは、bodyセクションに記述したとしても機能することが判明している(この仕様を明らかにしたのは、何を隠そうイリーズ氏だった)。

いずれにせよ、meta タグとlinkタグの使い方には注意しよう。

AMP記事の構造化データに公開日時のプロパティが必須の理由
★★★☆☆ "新しさ"を判断するため (Webmaster Central Help Forum)

グーグル検索にAMPコンテンツとして表示させるには、有効なAMP HTMLだけではなく、適切なAMP記事向けの構造化データも必要になる。

構造化データのなかの必須のプロパティの1つとして、記事の公開日時を示す datePublished がある。必須の理由は、公開日時の情報がその記事の"新しさ"を判断することに役立つからだそうだ。グーグル社員がヘルプフォーラムで説明した。

◯日以内という制限はないそうだが、一般的に言って、AMP記事が掲載されるカルーセルには3日以内くらいの記事が多く、より新しい記事が先頭に掲載されやすい傾向にある。

“新しさ”の判断のために、公開日時のデータが必要なのだろう。構造化データで記述することで、グーグルは確実に公開日時を知ることができる。

なお、更新日時を表すプロパティ(dateModified)は必須ではないが、推奨ではある。

グーグル、AMPエラーレポートを改善
★★★☆☆ 問題点を突き止めやすくなった (John Mueller on Google+)

Search ConsoleでのAccelerated Mobile Pages(AMP)エラーレポートが改善された。

主な改善点は次の2点だ。

  • 同じような問題をよりわかりやすくグループ化
  • 個々のページに発生している問題についてより詳しい情報を提供
AMPエラーレポート全体
AMPエラーレポート個別

AMPレポートにエラーが出ているページは、有効なAMPページとしてグーグルに認識されない。簡単な修正で直ることもあるので、エラーレポートを有効に使いたい。

この情報は、グーグルのジョン・ミューラー氏はGoogle+でアナウンスしたものだ。

SEO JapanSEO Japanの
掲載記事からピックアップ

SEOの歴史と被リンク獲得についての記事を今週はピックアップ。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]