有名サイト、かってに解析!

もしも、「DODA」を解析するなら(後半) [第30回]

前回の無料会員情報の登録と年収査定に続き、今回はいよいよ、「アクセス解析」関連の求人を探してみた。

ページ

誰もが知っている有名サイトをエキスパートレビューしながら、「もし、アクセス解析するなら」どのポイントに着目するかを第三者的な視点から解説。アクセス解析を用いてサイトの改善を行うための仮説構築力を身につけて、自社サイト、クライアントサイトをアクセス解析する際に役立ててほしい。

有名サイト、かってに解析!

木曜9時は「かってに解析!」ということで、毎週連載「有名サイト、かってに解析!」では、有名サイトを取り上げ、アクセス解析で実際に解析データを見る前に、あらかじめサイトの問題点やチェックポイントにあたりをつける方法を解説していく。

今回は求人・転職情報サイトの「DODA」の後半。前回は、特にユーザーシナリオを設定してサイトを見るということをせず、まずは無料会員登録をして年収査定の機能を利用してみるところまで行った。今回はいよいよ、求人検索をおこなって、情報を主体的に取りに行ってみることにする。そして最後に、まとめてアクセス解析の観点でどのような数字を追っていったらよいかを考察したい。毎度のことだが、筆者は、求人・転職業界の情報サイトや企業が直面している課題や戦略・戦術を十分に理解しているわけではない。あくまでもどのような点に着目したらよいのかを重視して読んでいってほしい。

「DODA」の閲覧シチュエーションを想定

求人情報サイトの場合は、ユーザーの目的や閲覧シチュエーションは明白なので、あえて設定する必要もないかと思うが、一応、今回の閲覧シナリオは、以下のとおりだ。

誰が新規訪問の個人ユーザー
何の目的で自分の条件に合った求人情報を探す
何をしに「アクセス解析」関連の求人がないかを探して、できれば応募まで行う

「DODA」をエキスパートチェック

前回は無料会員登録をしたわけだが、求人情報を探すための第1歩としては、自分で求める条件に合う求人情報を検索する能動的なアプローチが必要だ。今回は非公開求人を紹介してくれる「転職支援サービス」や、企業からスカウトメールを受け取れる「スカウトサービス」を利用していないのだから、当然それしかない。

グローバルナビゲーションの「求人検索」をクリックしたあとのページが、下の図1だ。どうも先週の前半記事執筆時点でのインターフェイスと違うようで、選択項目表示が大幅に増えているようだ。

図1:「DODA」の「求人検索」のページ
図1:「DODA」の「求人検索」のページ

先週記録した画面は検索結果ページだけなので正確にはわからないが、検索結果ページの違いから想像するに、「もっと詳しい条件で探す」という画面がデフォルトとなり、こちらだけになったように思われる。

求人情報ページで職種を選択する

このページでまず職種を選択してみよう。図1の緑枠で囲んだ部分だ。プラスボタンは「展開する」という意味合いがあることが多いので、それをクリックしてみるが反応はない。その隣の「指定する」というテキストにはアンダーラインが引いてあるので、こちらをクリックしてみると、下の図2のように、ポップアップ画面が表示された。

図2:「DODA」の「求人検索」ページで、職種部分の「+ 指定する」をクリックしたところ
図2:「DODA」の「求人検索」ページで、職種部分の「+ 指定する」をクリックしたところ

職種を営業系に絞り込んでみる

続いて、職種を営業系に絞り込んでみるとする。先ほどの図2の赤枠で囲んだ部分をクリックすると、ポップアップした画面の下部が、図3のように下に伸びてくる。ここで、営業系の職種をさらに細分化した各種営業職を選択することもできる。また一番上には「営業系の職種すべてを選択する」チェックボックスも用意されているので(図3の赤枠で囲んだ部分)、細かい絞り込みまでする必要のない場合には助かる

図2:「DODA」の「求人検索」ページで職種の選択画面
図3:「DODA」の「求人検索」ページで職種の選択画面
次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]