有名サイト、かってに解析!

応募フォームへ進もう

よろしければこちらもご覧ください

応募フォームへ進もう

[応募フォームへ]のボタンをクリックすると、「転職支援サービスのお申し込み」ページに誘導され、まずは会員登録をさせられる。無料会員登録をしてログインした状態であっても、キャリアカウンセリングなどへの追加登録が必要となる(下の図9)。結局、直接マッチングしたり、応募したりできるということはなく、必ずDODAを通さないといけないということなのだろうか

図9:「DODA」の「転職支援サービスのお申し込み」ページ
図9:「DODA」の「転職支援サービスのお申し込み」ページ

先の図7あるいは図8の緑枠で囲んだ部分にある「検討中リストに保存」をクリックすると、該当応募は「検討中リストに保存済み」となり、「検討中リストを見る」というボタンも表示されるようになる(下の図10の赤枠で囲んだ部分)。

図10:「DODA」の「求人検索結果」ページの検討中のステイタス
図10:「DODA」の「求人検索結果」ページの検討中のステイタス

マイページで検討中リストを見てみる

「検討中リストを見る」をクリックすると、「マイページ」で検討中リストを一覧で見ることができる(下の図11)。

図11:「DODA」の「マイページ」にある「検討中リスト」ページ
図11:「DODA」の「マイページ」にある「検討中リスト」ページ

このページでは、求人情報の優先度を変更したり、類似求人を見たりすることもできる。フラグの「正」(図11の緑枠で囲んだ部分)は正社員の意味だろうが、凡例などがあった方がよいのではないか。項目名の「フラグ」は、求人業界の専門用語なのだろうか? 一般には聞き慣れない言葉なので、せめて「社員区分」などにしたいところだ

図11の「類似求人」のリンク(赤枠で囲んだ部分)をクリックしてみると、先ほどの検索結果で表示された7件とは違う会社が20件出てきたが、職種というより業種が近い感じで、自分が欲しているものから遠くはない感じではある。しかし、ログインしているのに、右上に[無料会員登録]ボタンが表示されているのはおかしいだろう図12の赤枠で囲んだ部分)。

図12:「DODA」の「類似求人」のページ
図12:「DODA」の「類似求人」のページ
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス