有名サイト、かってに解析!

もしも、「DODA」を解析するなら (前半)[第29回]

今回は求人・転職情報サイトの「DODA」。まずは、無料会員情報の登録と年収査定をやってみた。

ページ

誰もが知っている有名サイトをエキスパートレビューしながら、「もし、アクセス解析するなら」どのポイントに着目するかを第三者的な視点から解説。アクセス解析を用いてサイトの改善を行うための仮説構築力を身につけて、自社サイト、クライアントサイトをアクセス解析する際に役立ててほしい。

有名サイト、かってに解析!

木曜9時は「かってに解析!」ということで、毎週連載「有名サイト、かってに解析!」では、有名サイトを取り上げ、アクセス解析で実際に解析データを見る前に、あらかじめサイトの問題点やチェックポイントにあたりをつける方法を解説していく。

今回は求人・転職情報サイトの「DODA」を取り上げ、課題の抽出や考察を行う。しかしながら、筆者は求人・転職業界の企業やサイトが直面している課題や戦略・戦術を十分に理解しているわけではない。あくまでもどのような点に着目したらよいのかを重視して読んでいってほしい。

「DODA」のファーストインプレッション

DODA」のトップページは、下の図1を見ていただくとわかるとおり、上部右側に、「転職支援サービスに登録」と「求人情報サービスに登録」という、2つの登録ボタンが目立つように配置されている。

図1:「DODA」のトップページ
図1:「DODA」のトップページ

今回ははじめに固定のシナリオを設定しないで、成り行きでサイトを巡ってみよう。この手のサービス系のサイトは、とにかくまずは無料登録をしないと、サイトの機能が十分に使えないことが多いような気がするのだが、まずはその直下の「はじめての方へ」を見てみることにする(図1の赤枠で囲んだ部分)。クリックしてジャンプした先のページが、次の「はじめての方へ」ページだ(下の図2)。

図2:「DODA」の「はじめての方へ」のページ
図2:「DODA」の「はじめての方へ」のページ

「求人情報サービス」(図2の赤枠で囲んだ部分)と「転職支援サービス」(図2の青枠で囲んだ部分)の2種類の登録の違いなどについてしっかり記述がされている。とにかく、このサイトで何らかの情報を得ようとするのであれば、最低でもこの「DODA求人情報サービス」に無料会員登録しておく必要があるということが理解できた。ページ内では、「無料会員登録」と「無料転職支援サービス登録」という名称があり、若干紛らわしい部分もあるが、オレンジ色と水色で色分けが明確にされているので、それほど気にならなかった。

ページ

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]