有名サイト、かってに解析!

無料会員登録を行う

よろしければこちらもご覧ください

無料会員登録を行う

そこでまず、「DODA求人情報サービス」に無料会員登録を行ってみる。図2の[無料会員登録]ボタンをクリックして表示されるのが、「会員登録」ページだ(下の図3)。

図3:「DODA」の「会員登録」ページ
図3:「DODA」の「会員登録」ページ

姓名、生年月日、性別、メールアドレス(これが会員IDになる)、パスワードなどを入力するだけのシンプルな入力フォームだ。とりあえず、その他サービスのお申し込みはすべてチェックを外して、もっとも簡易な形式で登録してみることにする。ページ下部の[会員登録をする]をクリックすると、確認ページが表示される(図4)。

図4:「DODA」の「会員登録内容の確認」ページ
図4:「DODA」の「会員登録内容の確認」ページ

この図4が会員登録内容の確認ページで、修正もしやすそうだ。[この内容で登録する]ボタンをクリックして、登録完了だ。簡単に登録までの流れが終了できた。下の図5が会員登録完了ページだが、簡単な登録をさせた後に、引き続き次のステップのサービスへ誘導するための登録を試みさせるというのは上手な方法だ。さすが競争の激しい業界で、まずは敷居を低くして登録をさせるというところからスタートさせるということなのだろう。

図5:「DODA」の「会員登録完了」ページ
図5:「DODA」の「会員登録完了」ページ

追加の登録は敷居がまだ高いので、「年収査定サービス」というサービスだけやってみてから、「マイページ」に移動することにしよう。[年収を査定する]ボタンをクリックして次に進む(図5の赤枠で囲んだ部分)。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]