視聴率 とは 意味/解説/説明

関連語

関連語 の「GRP」を参照

用語「視聴率」が使われている記事の一覧

全 174 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

日本での第2回の開催となるデジタルマーケティングの大規模イベントad:tech Tokyo 2010。

今回は、ad:techのなかでも、無料で参加できる部分を紹介する。日本のイベントとしては比較的高額なad:techだが、実は、無料でも参加できる部分も多いのだ。

遠藤美咲+三立瞳 2011/04/27 9:00 (272)(221)(90)

マーケ女子が熱い。世間では「もしドラ」の影響で、女子高生マーケッターがブームっぽい(?)が、オトナ女子も負けてはいられない。「Web担当者Forum」では急遽、ソーシャルメディアマーケター美咲こと遠藤美咲氏と、Webマーケッター瞳こと三立瞳氏のオトナマーケ女子対談(というかぶっちゃけオフ会)をセッティングした。ユーザー密着のラディカルな視座から、Webマーケティングとソーシャルメディアマーケティングの可能性を探る。

五明素紀(電通レイザーフィッシュ) 2012/04/27 14:00 (701)(138)(98)

ソーシャルメディアの普及とともに注目されているソーシャルリスニング。この記事では、企業がソーシャルメディア上で顧客の声を聴くこと、ソーシャルリスニングに取り組むための実践方法についてツールとともに解説する。

菅原 裕(CreatorsNet) 2006/11/17 8:00 (213)

ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
アクセス解析ツール

アクセス解析ツールは、「Google Aanalytics」のように無料で提供されるものから、何百万円もするものまで、さまざまな機能と価格の製品がそろっている。ここでは、現在提供されている代表的な11製品をピックアップしてその特徴を紹介する。それぞれの導入コストについても触れているので、製品選びの参考にしてほしい。

テレビとネットの近未来カンファレンス
「ネット動画はCMの世界をどう変えるのか?」レポート
〜CGAの「C」はコンシューマ or クリエイター? 「A」はアド or アート?〜

KNN(KandaNewsNetwork,Inc.)の神田敏晶氏がコーディネータを務める「テレビとネットの近未来カンファレンス」。第13回となる今回のテーマは、「CGA(Consumer-Generated Ad)」。ユーザー参加型のネット動画サイトなどを活用し、消費者自身や一般クリエイターが企業CMを制作・公開するという潮流だ。“消費者自身がCMを手掛ける”背景とは何か、そしてそれらは今、どのような動きを見せているのか。2008年10月9日に開催された、CGAの可能性を探るカンファレンスをレポートする。

「データを活かせ!チームを動かせ」と題した、アクセス解析とサイト改善の大規模イベント「アクセス解析サミット2011」が6月2日に開催された。アクセス解析を主軸としたウェブ改善最適化を語り尽くしたセミナーの様子をお届けする。

柏木恵子 2008/12/03 10:00

注目企業のネットビジネス戦略
コムスコア・ジャパン株式会社

ネット調査大手の米comScore(コムスコア)が、2007年6月に日本法人を設立した。その後、本国ではモバイル調査会社のM:Metrics社買収などの動きが続いている。来日中の同社インターナショナル・マーケット執行副社長のウィル・ホッジマン氏とマーケティング・コミュニケーション担当上席副社長のマーヴィン・ポラック氏、また、日本法人代表取締役の佐藤英丸氏の3名にコムスコアのサービス内容と今後の展開についてうかがった。

Web広告研究会 2013/05/16 8:00

宣伝部長とWeb担当者が歩み寄り、組織化して仕事を進めていくには、どのような取り組みが必要になるのか。第27回WABフォーラムの第二部では、日本アドバタイザーズ協会の石川浩之氏と、Web広告研究会の本間充氏によるディスカッションが行われた。

15万円でゼロから始める動画マーケティング

動画のつかみは1分30秒以内に。視聴率を上げるための工夫 | 第3回

動画コンテンツを制作しても、実際に見てもらわなくては意味がありません。今回は、実際に動画を見てもらうためのノウハウを、演出面、施策面から紹介をしていきます。

Web広告研究会 2/8 7:00 (415)(98)

国内外で高い評価を得ている宇多田ヒカルの新作アルバム「Fantôme(ファントーム)」だが、ヒットの裏には綿密なマーケティング戦略があった。

Web広告研究会 2013/09/18 9:00 (53)(28)

「~世界の最新マーケティング潮流を知る~ ad:tech San Francisco 報告会」と題した、日本アドバタイザーズ協会(JAA)とWeb広告研究会(WAB)の共催セミナーが6月26日に開催された。ad:tech San Franciscoの報告とともに、広告配信テクノロジーやデジタルマーケティングの最新の潮流が共有された。

「ディスプレイ広告の指標や効果的な出稿方法」や「広告主が良いメディアを判断するポイント」などについて語ったセミナーをレポートする。

菅原 裕(CreatorsNet) 2007/12/13 9:00 (457)

[特集]アクセス解析“超”基礎講座

ここまでの解説で、アクセス解析が企業のウェブサイトにおいていかに重要か、そしてどういったツールがあるのかは理解できただろう。とはいえ、いざ自分で実践するとなると不安もあるはず。ここからは実際に「どんな数字をどう見ればいいのか」をお伝えする。

初めてアクセス解析を行うWeb担当者でもつまづかないように、私たちCreatorsNetがいつも行っている8つのステップを、2回に分けて紹介していく。

前半では、まず、ステップ1「健康診断」、ステップ2「来訪理由チェック」、ステップ3「入り口チェック」、ステップ4「離脱率の改善」を紹介する。

柏木恵子 10/6 7:00 (233)(365)

マクドナルドのV字回復の舞台裏には、デジタルメディア戦略があった。発売前にネットでどれだけ語ってもらうか、そのためには宣伝だけでなく商品自体の設計も――足立氏のマーケティングは「小手先」ではなく本質的だ。

15万円でゼロから始める動画マーケティング

動画マーケティングの基本指標11種類とPDCAのまわし方ガイド | 第4回

動画マーケティングの効果測定について、動画ならではの基本的な指標、効果測定のポイントや考え方、PDCAのまわし方を紹介します。

Web担編集部 2014/11/10 8:00 (133)(30)

「オンラインビデオの時代が来る」――10年近く言われ続けてきたが、ようやくその時代が本当に来るのではないだろうか。そうした勢いを感じられるセミナーをデジタルインテリジェンスが開催し、同社の横山隆治氏などオンラインビデオに携わる著名講師陣がコンテンツマーケティングや広告、そして、その効果について講演した。その様子をレポートする。

ネットマーケティングを手がける豪BlueFreeway(ブルーフリーウェイ)が2007年11月、日本法人を設立、同月28日にはマーケティング責任者向けのSNS「blu.」の正式版を開始し、マーケティング担当者の情報交換と企業のオンラインマーケティング施策のグローバル展開をサポートする事業を開始した。

そこで編集部では、ブルーフリーウェイのCEO、Richard Webb(リチャード・ウェブ)氏と、日本法人社長の増田勇氏にインタビューを行った。

CMO向けのSNSと統合キャンペーン管理ダッシュボードとは、そして設立わずかで上場し、25社を買収して全世界にサービスを提供するブルーフリーウェイの戦略とは?

Web広告研究会 2016/11/24 7:00 (271)(39)

テレビ局発の動画広告の活用方法について、日本テレビ、テレビ朝日、コーセー、ライオンの4者が議論を交わした。

Web広告研究会 2016/09/20 7:00 (27)

マーケティングのデジタル化が企業戦略として掲げられるなか、宣伝部はどのようにデジタル化していくべきか。デジタルインテリジェンスの横山隆治氏が宣伝部がデータ武装し、新たなプロジェクトに挑戦するための道筋を語った。

柏木恵子 2015/07/10 7:00 (93)(41)(23)

「そろそろウェブサイトのリニューアルをしないとなー」と考えているなら、現状の課題を解決するだけでなく、将来的にビジネスに貢献するサイトにすることも考えてみよう。「集客する」だけでなく、来た人を「ロイヤリティの高いリピーターにさせる」ためのデジタルマーケティング、その第一歩がウェブサイトだという考え方だ。

かわちれい子のウェブマスターのお仕事
日清食品 宣伝部 白澤勉氏

「ウェブマスター」の実態はまだまだ会社によって異なる。所属部署は? 組織内の立ち位置は? 予算確保は? ワークフローは? サイトの目的は? 注目しているテーマは? さまざまなウェブマスターの姿を見ることで、これからのウェブマスター像を見いだしたい。

リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

調査方法に潜む罠とチェックの重要性――調査・リサーチ・統計の基礎その4

リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

前回までは、調査対象者のサンプリングや回収率による偏り、標本誤差といった話をしてきました。今回は「調査方法や内容に潜む罠」と「チェックの重要性」に関してお話しします。

同じ内容の調査をするにも、さまざまな実施方法があります。費用や日程などとの兼ね合いで最良の方法を選択するのですが、定量的な調査では、対面調査(訪問面接調査、電話調査など)と非対面調査(郵送調査、インターネット調査など)、機械式調査(インターネット視聴率調査、テレビ視聴率調査)があります。

Amazonは普通に使っているのに、他の通販サイトですぐ離脱してしまうシニアは多い。そうしたユーザーの行動を観察してみると、思っている以上に意外な部分にこだわったり、逆に大事な情報を無視したりしていることがわかる。

Web広告研究会 11/14 7:00

動画プラットフォーム各社がショートピッチでサービス内容や動画広告の活用法を解説した。

Web広告研究会 2014/05/07 9:00 (636)(166)(76)

ビッグデータが注目される一方で、マーケティングにおけるデータ活用は遅れており、勘や経験に頼った施策が行われている。こうした課題を解決するため、Web広告研究会の2014年2月度月例セミナーでは、BigData研究委員会が実施した、外部データや分析手法を用いたデータドリブン・マーケティングの実践例が示された。

消費者間の「クチコミ」の影響力の高まりを受け、企業のマーケティング活動やCRM戦略も変革を迫られている。AIDMA、AISAS、SIPSなど、マーケティング環境の変遷を説明する。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

広告効果測定ツールとして有名な「アドエビス」を提供しているロックオン。2006年9月には、ECパッケージ「EC CUBE」をオープンソース提供するなど、新しいスタイルでオープンソースの事業化にも挑戦中です。

マーケティングのプロ向けのサービスとネットの住人であるプログラマやエンジニア向けのサービス。大きくターゲットの異なるこの2つの商品別のマーケティングについて、ロックオン代表取締役の岩田進さんと、EC CUBEのマーケティング担当の中田さんにお話を伺いました。

求人・転職情報サイトの「DODA」の2回目。前回の無料会員情報の登録と年収査定に続き、今回はいよいよ、「アクセス解析」関連の求人を探してみた。

リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

適切な調査対象者の抽出(サンプリング)とは? 〜調査・リサーチ・統計の基礎その2

リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

前回の記事で、リサーチ/データリテラシーの5原則として「調査対象者の抽出(サンプリング)」「誤差と偏り」「回答の収集とデータチェック」「集計方法と指標の定義」「外部環境」を挙げました。

今回は、その1つ目として、適切な調査対象者の抽出とはどういったものかを、適切でないサンプリングの例を挙げながら解説します。

Web広告研究会 2013/10/23 9:00 (56)(21)

Web広告研究会の7月月例セミナー第三部では、サントリーホールディングスの若林純氏をモデレータに、モバーシャルの山下悟郎氏、Z会の伊豆蔵善史氏、日本インタラクティブ・マーケティングの真野英明氏をパネラーとして迎え、各社の動画広告の活用法などをテーマにディスカッションが行われた。

リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

サンプル数や回答数よりも回収率が大事な理由――調査・リサーチ・統計の基礎その3

リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

今回は、調査・リサーチの基礎として、どのような調査結果が信頼できるか、そのチェックポイントを紹介します。調査を依頼する立場の場合、自ら調査をする場合、調査データを見る場合など、さまざまな場合に役に立つ調査の基礎知識を身につけてください。

Web広告研究会 2013/02/07 8:00 (30)

企業のSNSやオンライン広告の活用が進んでいる中国。この10年間で独自に進化を遂げてきた中国インターネットの最新事情や、欧米・中国企業のオンラインキャンペーン事例について、中国でマーケティングコンサルティングを行う宮田氏が解説した。

石井 研二(HARMONY) 2015/01/15 7:00 (220)(172)(250)

コンテンツを企画し湯水のように生み出していくために、コンテンツを機能ごとに8つ分類し、浮かんだアイデアがその分類のどこに当てはまるか整理します。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

モバイル動画サイト成功の鍵はSEOの徹底!/モバイル動画に関する調査

Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアリサーチと共同調査のもと、モバイル動画サイトやワンセグに関する調査を行った。

2008年1月24日、NTTドコモとGoogleはモバイルインターネットサービスに関する業務提携を発表した。

その中で両社は、検索サービスや検索連動型広告だけでなく、YouTubeやGmailといったGoogleが提供するサービス全般においてもドコモ端末からの利用を便利にする方針にあることを明らかにした。

今回の調査では、この提携によりこれから普及がより進むと考えられる動画に関して、ユーザー調査を行った。

今回は、「男女別のセグメント」「年齢区分別のセグメント」を使って、性別・年齢別に行動分析をする方法を紹介する。B2Cサイトやメディアなどでは、ターゲット層を集客できていて、ちゃんとコンテンツを見てもらえているか、確認してみよう。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

20トンの豆製品とオンラインキャンペーンの威力と「Jericho」の悲しい結末

Moz(旧SEOmoz) 2008/04/17 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

米国で、とあるテレビ番組が打ち切りになるときに、20トンものナッツをテレビ局に送りつけて抗議したという。迷惑になりすぎない程度にやっかいで、うまいバランスのやり方だ。

この件はオフラインの出来事だったが、さて、人を惹き付けて何らかの影響をあたえるのに、オンラインはどれぐらいの役割を果たせるものなのだろうか?

Web広告研究会 2013/10/16 9:00 (130)(62)

スマートフォンやタブレット端末の普及によって、動画視聴が急速に拡大しているというYouTube。Web広告研究会の7月月例セミナー第二部では、グーグルの柳井亮氏が登壇し、世界でも有数の動画プラットフォームである「YouTube」における動画活用手法について解説を行った。

Web担編集部 2007/09/05 9:00 (34)

正しい検索エンジン最適化を制作会社に発注できますか?

まずはYahoo!とGoogleを押さえるべし
最新SEOのキーワードは“関連性”

ウェブサイトへの集客においてSEOが重要であるということは、多くのWeb担当者が認識していることだろう。しかし、どれくらい重要なのかを具体的なデータで知っているだろうか。本稿では、インターネットユーザーが情報を探す際の手段や検索エンジンの利用実態について、調査データと合わせてをその動向を示す。SEOの具体的な手法に入る前に、大前提と基本的な方針を理解しておこう。

リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

社会人に必要なリサーチ/データリテラシー5原則——調査・リサーチ・統計の基礎その1

新連載!
リサーチ/データのリテラシー入門——調査統計の基礎知識

インターネットが生活や仕事に欠かせないものになってきた現在、私たちの周りには数字や調査データがあふれています。でも世の中には、おかしいデータが山のようにあり、自説を主張するために、ウソに限りなく近い数字を使うことは日常茶飯事です。マスコミ、政府など信頼に足ると思われる情報ソースですらそうです。

こうした環境のもと、リサーチやアクセス解析を行うWeb担当者も、そういった数字に騙されないための基礎知識である「リサーチ/データリテラシー」を身につける必要があります。この知識なしに統計の数字や調査データを読もうとするのは、運転免許をもたずに車を運転するようなもので、大きく判断を誤る可能性があります。仕事上の重要なデータだったら致命的な大事故につながるかもしれません。

この新連載「リサーチ/データのリテラシー入門」では、そういった基礎知識を、筆者の実体験をふまえてわかりやすく解説します。

日本のWeb担当者2000人の大調査報告書

アクセス解析の実施企業は48%で平均2.76指標をチェック

Web担編集部 2007/10/05 8:00 (32)

[特集]日本のWeb担当者

ウェブサイトの特徴の1つとして、雑誌などの印刷物と比較して、コンテンツやページを追加したり変更したりするコストが安いことがあげられる。印刷物ならば完成したものを修正するには比較的大きなコストが発生してしまうが、ウェブサイトならばそういった問題はない。そのため、短いサイクルでPDCAをまわし、より効果の高いウェブサイトに随時改善できるのだ。ただし、それを実現するには現状のウェブサイトの効果がどうなっているかを正しく把握する必要がある。それを実現するのがアクセス解析で、いまや企業のウェブサイト運営にアクセス解析は必須だといっても過言ではない。

近年ものすごい勢いで進化しているアクセス解析ツールだが、他のWeb担当者はどのように使いこなしているのだろうか。

青山祐輔 2014/01/17 9:00 (40)(23)

同じ通販というくくりであってもテレビ通販とECはまったくの別物だ。ECサイトが集まる中で異色とも言える基調講演となったジュピターショップチャンネルは、年商1272億円を稼ぎ出すTV通販の強みと課題、そして自社の映像制作能力を活かした新たな“ライブ通販”の形を紹介した。

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の九十六 「売上の90%がオーバーチュア経由でもアドワーズを利用する理由」

読売新聞と朝日新聞、またはフジテレビと日本テレビにまったく同じ広告を出した結果、売上に貢献した割合が一方は10%、もう一方が90%と、どちらか一方に偏りがあったとしたらどうするでしょうか? 発行部数や視聴率から広告効果を計るのは難しく、偏りがあったとしても測定するのは不可能ですが「ネット広告」では可能です。クリック数や訪問者数、アクセスログから広告効果を可視化できるからです。効果を数値で計れることも、ネット広告市場が拡大している理由の1つと見られています。

ブログに何を書けばいいのか、客からの問い合わせ上位を常に締めます。本コラムが300回を超えても続けれられる理由の1つが「多様な階層」と接し、情報を得ているということ。ウェブ業界だけで得られる情報は限られますがご安心を、ネタの仕入れ先はすぐそばにあります。

グーグルが2008年6月から公開している「Ad Planner(アドプランナー)」というツールが、いつの間にか日本市場にも対応していて、一部で話題になっています。

今回は、このツールの使い方や表示されるデータについて解説します。広告出稿を考えているマーケ担当者ならば、一度は使ってみるべきツールですね。

Web担編集部 2015/05/26 7:00 (46)(38)

テレビCMと組み合わせた場合、インターネット広告の予算比率を増やすことで、ブランド認知を高めたり来店意向を促進したりできるのか?

第13回のお題は「ネットマーケティングの主役は誰に」。Web担と、「日経ネットマーケティング」「MarkeZine」「ascii.jp」の4誌の各編集長が同じテーマでそれぞれコラムを書く辛口コラム「ネットマーケを斬る!」、内容に関する事前打ち合わせは一切なしで一発出しの4誌それぞれの記事を見比べてみてください。ちなみに、残念ながら今回がこの連動コラムの最終回となるのです。

Web担と、「日経ネットマーケティング」「MarkeZine」の3誌の各編集長が同じテーマでそれぞれコラムを書く辛口コラム「ネットマーケを斬る!」、内容に関する事前打ち合わせは一切なしで一発出しの3誌それぞれの記事を見比べてみてください。

第6回のテーマは「2009年はここに注目!」です。

時間別データを見る場合に注意すべきポイントを解説する。時間別データは、ユーザーの属性や日々の行動に密接に関連しているため、その解読には細心の注意が必要だ。

まずは、「逆L字」「コの字」「ヨの字」といった時間帯別アクセスパターンの例を紹介し、仮説の立て方やデータの解釈に関して解説していこう。

あなたのサイトでは、出稿したネット広告の効果測定をどの指標で行っているだろうか?

PPC広告ならばともかく、バナー広告の効果測定でCTR(クリック率)だけを見ているのならば、考え方を改めなければいけないかもしれない。

今日は、某広告代理店さんとの会話から、「マーケティング施策の目的と効果」に関して。特にウェブにどっぷりと浸かっている人に向けて。

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
用語集 GRP
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]