正しいSEO相談室

コンテンツを全文転載された正規サイトが、重複コンテンツとして検索結果から削除される?

よろしければこちらもご覧ください
あなたの不安をプロが解消 正しいSEO相談室 SEM総合研究所分室

誰もが実践できるSEO。でも意外と間違った認識を持っている人も多いのでは?
そこでみなさんが抱えているSEOの不安や疑問をプロが解消します。

[質問]コンテンツを全文転載された正規サイトが、重複コンテンツとして検索結果から削除されることはありますか?

簡単にコンテンツを発行したりアグリゲートしたりできるツールが個人でも簡単に利用できる現在、アドセンスなどのコンテンツ連動型広告による収入目的で、他人のコンテンツを無許可で転載して公開しているサイトが少なくありません。こうしたことはSEOの世界では、「リンクジャック」(link jack:他人のコンテンツをコピーしたうえでソーシャルニュースやソーシャルブックマークに登録して、トラフィックやリンクを奪う行為)として問題だとされています。

ただし検索エンジンへの掲載については心配する必要はありません。たとえばGoogleでは、正規のコンテンツ配布元サイトを検索結果に表示するために、公開された日時など、さまざまな要素を組み合わせて判断する仕組みを持っています。

もちろん、無許可の転載をやめさせたい場合は、個別にコンタクトをとったり、ブログなどの各サービス提供会社に対応してもらったりなどする必要があります。

※記事の内容は、執筆時点のものです。検索エンジンの仕様は頻繁に変わるため、将来においてもこの内容がそのまま該当することは保証できません。

あなたの疑問・質問を募集 SEO相談室で相談したいこと、取り扱って欲しい内容があれば件名に「SEO相談室」相談係と書いてメールにてお送りください(宛先:web-tan@impressrd.jp)。

※本連載の質問受付は終了いたしました。今後の企画をご期待ください。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]