コメント投稿

ヤフー、開発パートナー向けにウェブアプリと地域・生活圏情報のプラットフォーム公開

オープン構想の一環、「Yahoo!アプリ」「YOLPカセットギャラリー」の活用が可能
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーは、パートナー企業や開発パートナー向けのプラットフォーム事業を拡大し、ウェブアプリケーションが告知・販売できる「Yahoo!アプリケーションプラットフォーム(YAP)」と、地域・生活圏の情報を集約して流通させる「Yahoo!オープンローカルプラットフォーム(YOLP)」を11月25日公開した、と同日発表した。ヤフーが掲げるプラットフォームのオープン構想の一環。

YAPを利用することで、「Yahoo! JAPAN」で同日サービスを始めたアプリ提供サービス「Yahoo!アプリ」に自社のウェブアプリを掲載でき、課金・広告も可能になる。現在は特定のパートナー企業だけが対象だが、来春には誰でもウェブアプリが掲載できるようになる。YOLPでは、店舗、イベント、クチコミなど地域・生活圏情報がやり取りできるサービス「YOLPカセットギャラリー」と、地域・生活圏情報をサイトに実装して活用するためのAPIを公開した。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo!アプリ
http://apps.yahoo.co.jp/

YOLPカセットギャラリー
http://gallery.olp.yahoo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
02512
02512
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル