コメント投稿

こちらこそご無沙汰です。衣袋さんの記事は拝読しており一方的にご無沙汰感はないのですが。

メディアが「情報加工」するのは演出で、それは本稿でも意識的に盛り込んでいますが、その数字を丸呑みする危険については今の「ツイッター」を取り巻く報道はケーススタディにピッタリです。そこで「2千円」と。パーセントではじき出すとさらに過小な「印象」の数字になるのですが、それは「想像しにくい」のでやめました。2千円ならひらひらと紙幣がイメージしやすいだろうと「加工」したのです。

そしてITバブル以前からこの手の加工された情報は多く、泣きを見るのは鵜呑みにした企業や、踊らされた利用者です。

しかし…多分、衣袋さんも体感されていることでしょうが加工された数字を丸呑みする人は多く、独り歩きした数字のもつパワーは恐ろしいものがあります。さらに言葉を重ねれば一般的に「成功例」にばかり目がいきますが、成功例はその要因のすべてが公開されておらず、自社に適用するのは難しいことはあまり語られません。

ここを埋める為に

「数字の比較」

は有効なのですが…感情を先に勘定すると手元が狂うことしきりです。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]