コメント投稿

DataRobotとNTTデータが「Twitter集計データサンプル」を提供開始、需要予測の精度向上

Twitterデータの活用促進でデータパートナー契約、AIによるSNSデータ効果検証が容易に
よろしければこちらもご覧ください

企業向け機械学習プラットフォーム事業の米国DataRobotは、NTTデータとデータパートナー契約を締結して「Twitter集計データサンプル」の提供を始めた、と7月9日に日本法人のDataRobot Japanが発表した。機械学習プラットフォーム「DataRobot」の利用企業は、DataRobotで使えるようにあらかじめ加工されたTwitter集計データサンプルとAI(人工知能)を活用して需要予測モデルの検証をすぐに始めることができる。

具体的な連携イメージ

 

NTTデータは、2012年に米国Twitterと包括的なパートナーシップ契約を結んで全量Tweetデータをリアルタイムで扱っている。DataRobotが直接解釈可能な集計データ(構造化データ)形式で提供するので、国内200社以上のDataRobot利用企業はデータサンプルを手軽に取得でき、DataRobotの「自動特徴量生成機能」で自社データと組み合わせたAIモデルを構築できる。データ受け渡しにかかる煩雑な契約手続きは不要。

Twitter上の特定キーワードの話題量推移データなどのサンプルデータを無償で利用し、自社内でAI予測モデルの精度向上に向けた検証後、ビジネス的価値を定量的に評価してからデータ購入を判断できる。オプションの「データ活用支援サービス」を活用すれば、データサンプルではなく、より精度の高いモデル構築に必要なデータの調達支援や検証支援を受けることができる。

メーカーや小売・流通事業者は売れ筋商品の見極めや在庫管理で、出荷や販売実績の自社データに加えて消費者トレンド把握にSNSデータの活用を模索しているが、重複や誤記、表記の揺れなどをただしてAIで使えるデータにするクレンジング処理や、自然言語処理などの技術的ハードルと高い初期コストが負担だった。このため両社は、前処理したサンプルデータをDataRobot利用企業に無償提供してTwitterデータの本格活用の検討を促す。

よろしければこちらもご覧ください
140
140
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]